編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

聖心女子大学グローバル共生研究所が1月29日に講演会「ルワンダの今を知ろう」を開催 -- ルワンダにおける虐殺後の障害者支援について

聖心女子大学

From: Digital PR Platform

2019-01-15 14:05




聖心女子大学グローバル共生研究所(東京都渋谷区)は1月29日(火)に「ルワンダの今を知ろう」(主催:ムリンデイ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト)を開催する。これは、2018年11月に読売国際協力賞を受賞したルダシングワ真美氏による活動報告会で、夫のガテラ氏とともに長年にわたって取り組んできたルワンダでの障害者支援活動について語る。参加費は1,000円(聖心女子大学生は無料)で、障害者支援に充てられる。要事前申し込み(当日、空席があれば予約なしでも入場可)。




 ルダシングワ真美氏は1996年、夫のガテラ氏とともにNGO団体「ムリンデイ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト」を設立。以来、20年以上にわたってルワンダの障害者をはじめ、虐殺や地雷の被害に遭った人のために無償で義肢を作り続けてきた。その功績が認められ、2018年11月には読売国際協力賞を受賞している。

 このたび、聖心女子大学グローバル共生研究所はムリンデイ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクトと講演会「ルワンダの今を知ろう」を共催。当日は、ルダシングワ夫妻が長年にわたって取り組んできたルワンダでの義肢製作・配布や障害者スポーツ振興などの活動のほか、大虐殺から25年が経つルワンダの現状についても赤裸々に語る。概要は下記の通り。

◆「ルワンダの今を知ろう」 概要
【日 時】 1月29日(火) 15:00~16:30(受付14:30)
【場 所】
 聖心女子大学4号館(グローバルプラザ)2階 4-2教室
 (東京都渋谷区広尾4-2-24)
【アクセス】
 東京メトロ日比谷線広尾駅4番出口 徒歩3分
  (リンク »)
【参加費】 1,000円(聖心女子大学生は無料)
※参加費は障害者支援に充てられる
【講 師】 ガテラ・ルダシングワ・エマニュエル氏、ルダシングワ真美氏
【申 込】
 下記URLより必要事項を入力の上、送信
  (リンク »)
【主 催】 ムリンデイ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト
【共 催】 聖心女子大学グローバル共生研究所

○ムリンデイ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト
  (リンク »)

○聖心女子大学グローバル共生研究所
  (リンク »)

▼本件に関する問い合わせ先
聖心女子大学グローバル共生研究所
関 利男
住所:東京都渋谷区広尾4丁目2番4号
TEL:03-3407-5811
FAX:03-3407-5805
メール:jimu-kyosei@u-sacred-heart.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]