編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

東京音楽大学(TCM)、Bunkamura(東急文化村) において民族楽器を展示&ミニ演奏会を開催

学校法人東京音楽大学

From: 共同通信PRワイヤー

2019-01-15 15:30

2019/1/15

東京音楽大学

東京音楽大学(TCM)、Bunkamura(東急文化村)
において民族楽器を展示&ミニ演奏会を開催
― 産学連携をスタートさせる ―

 東京音楽大学(東京都豊島区 学長 野島稔)は、2018年12月28日(金)よりBunkamura1階ロビーラウンジ特設スペースにて、本学付属民族音楽研究所所蔵の民族楽器の展示を始めました。展示期間は1月27日(日)までで、1月20日(日)には、講師によるトークと民族楽器のミニ演奏会も開催されます。
 本年30周年を迎えるBunkamura(東京都渋谷区)は日本初の大型文化複合施設で、今後世界各国の民族楽器や音楽を紹介していきます。初回はアイヌ伝統楽器の「トンコリ」とクルグズ(キルギス)共和国の三弦楽器の「コムズ」の2種4点を展示します。
 なお20日の演奏会は入場無料。演奏会後は楽器に触れることができる体験会も予定されています。

 詳しい情報はこちらから       (リンク »)

 東京音楽大学付属民族音楽研究所   (リンク »)
 



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]