編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

未来の形成:浙江大学はいかに人生を転換するか

浙江大学(Zhejiang University)

From: 共同通信PRワイヤー

2019-01-15 17:00

未来の形成:浙江大学はいかに人生を転換するか

AsiaNet 77044(0077)

【杭州(中国)2019年1月14日新華社=共同通信JBN】責任、勤勉、誠実―。「真実を探求し革新を追求する」という校訓を体現する人物、浙江大学(Zhejiang University, ZJU)のイムラン・ハイデル・シャムシ准教授によると、これらが豊かな人生の3つの信条である。

ZJUの18年は、大学生から博士号取得、博士課程修了者から農業・バイオテクノロジー校農学部で外国人初のメンバーになるまで、シャムシ氏が才能を伸ばす助けになった。

シャムシ氏は「私はZJU でZJUによって ZJUになった。私はパキスタンの先祖、家族と自分の信念―「決してアイデンティティーを失わない」―を承知している。しかし、寛大な心で中国文化も身に着けた」と話した。

シャムシ氏はZJU生として与えられた機会を利用して、次世代ZJU生の育成を助ける講師の役割に極めて熱心であり、2016年National University Young Teacherコンペ優勝など多くの賞を手にしている。シャムシ氏は、中国トップ級の研究集約型大学であるZJUが知識の創出、普及で先駆的な環境を提供していると考えている。

学問の自由はZJU全体で感じられ、学際協力の追求、実社会問題に対する研究の応用、新しいアイデア、コンセプトの探究を積極的に奨励している。

それはZJUの国際設計研究院が明示する手法であり、リンイン・サン副院長は「われわれはほかの専攻の教授、学生を迎えるのが得意である。われわれは最も創造的なエリアは科学がアート、デザイン、エンジニアリングで出会うところとみており、これら4分野がまとまれば大きな機会がもたらされる」と説明した。

また「われわれのアイデアはいかに未来を生み出すかに関わっており、ZJUはその環境、(杭州を本拠とする中国eコマースの大手企業)アリババとの共同研究、地元メーカーの背景という面で特異である。われわれに学生のアイデアの市場移転を奨励する機会があることは極めて興味深い」と述べた。

ZJUのデザイン学生による最新の作品展示は、折り紙ロボット、電動自転車、自然の「ホワイトノイズ」をシミュレーションしてユーザーが浅い眠りに入るのを助けるテクノロジー枕などである。さらに、展示された照明製品は商業的に大成功を収めた。

ZJUの授業ではイノベーションも明白で、2018年には最も創造的で人気ある講師の1人、ウェン・カイ氏がYongping Outstanding Teaching Contribution Awardを受賞した。彼が担当する年間14コースの授業は出席者が多く、大規模公開オンライン講座(MOOCs)には200万人が登録している。

授業スタイルについて質問すると、ウェン氏は「私はやや“ワイルド”な教師で、通常のやり方では訓練を受けていない。卒業して授業に適しているかもしれないと思い、それをやりたかった」と控えめに答えた。また「実際、浙江大学には学生に教える方法でとてもいい伝統がある。私はここを卒業し、ここで教師の経験がある。クラスでは、私の先生から教えてもらった一部の例を使うこともある。だから、相続、遺産のようなものだ」と続けた。

ウェン氏は23年にわたりZJUの授業・教育改革の最前線にいた。ZJUで教師と学生の緊密な関係が成功に不可欠と考えている。「ここの学生は大家族の一員と感じている。われわれはとても親密だ」と述べた。

ZJUの学生のトップ5%が出席するChu Kochen Honours Collegeの学生、マー・ケイさんはその点を強調し、いかにサポートされているか熱心に例を示した。

彼女は「大学は私に多くのリソースを与えてくれた。私には研究して論文を発表する機会がある。一方、経験を得るインターンをして、理論を実践に応用することができる。アイデアがあってそれを実践したければ大学が助け、海外留学したければ大学が資金を提供し、価値があり意味があることをやりたければ大学がサポート、リソースを提供してくれる」と話した。

ZJUには、国際コンペで成功した学生をサポートしてきた目を見張る記録がある。2018年、ZJUは東京国際合唱コンクール、ロボカップ、International Genetically Engineered Machine competition(iGEM、遺伝子回路設計の国際コンペ)で優勝した。

サッカーW杯のロボット版であるロボカップはカナダのモントリオールで開催され、ZJUチームは革新的なアイデアを披露するチャンスを与えられた。ロボット工学と人工知能研究を推進し、テクノロジーの進歩を後押しするべく設計された。

優勝チームの一員、チェン・ツェシ氏は予期しない成功だったことを明かし、「われわれは小規模リーグで勝ったが、それはすごいことだった。2013年と2014年は勝ったが、今年は新イノベーションを試していたので、チャンピオンになれるとは思っていなかった。われわれに大きなサポートと資金提供をしてくれた大学をほめたたえたい」と話した。

ZJUが定めた目標には、文明の高度化、社会奉仕と先導に加えて、国家繁栄、社会発展、人類の進歩の推進が含まれている。その方針は、シャムシ氏が約20年前にしたように、学生とスタッフが卓越できるプラットフォームを提供することである。どこから来た人でも、どんな経歴でも、ZJUは彼らの進化の先導を熱望している。

シャムシ氏は「外国の人材が自分たちを外国人とみなす必要はない。代わりに、今いる社会の一員と考えれば貢献できる。人生、自身、仕事、家族、組織に責任をとりなさい。勤勉を恐れるな。家族、伝統、国、働いている組織に誠意を示しなさい」と語った。

また「秘密を教えよう。私は毎朝ZJUに着くと、尊敬と名誉を与えたのはZJUだと自分に言い聞かせ、その信念で一日を始める。私がこの大学に抱いている愛である」と述べた。

ソース:Zhejiang University

画像添付リンク: (リンク »)
(写真説明:自分の学生と水田にいるシャムシ准教授)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]