編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Isotropic SystemsがBoeing HorizonX Ventures主導のシリーズA資金調達で1400万ドルを調達

Isotropic Systems Ltd

From: 共同通信PRワイヤー

2019-01-16 14:30

Isotropic SystemsがBoeing HorizonX Ventures主導のシリーズA資金調達で1400万ドルを調達

AsiaNet 77095 (0081)

【ロンドン2019年1月16日PR Newswire=共同通信JBN】
*宇宙ベースの接続性向上が目的
*Isotropicの次世代統合端末へのアプローチは、端末の経済と性能に大きな変化をもたらし、衛星業界の可能性を最大限に引き出す

次世代の統合衛星端末ソリューションプロバイダーであるIsotropic Systems Ltd.は16日、Boeing HorizonX Venturesが主導し、WML、Space Angels、Space Capitalも参加したシリーズA資金調達で1400万ドルを調達したと発表した。

(Logo: (リンク ») )

Isotropic Systemsのジョン・フィニー創業者兼最高経営責任者(CEO)は「シリーズAの資金調達は、あらゆる軌道上のハイスループット衛星とメガコンステレーションの潜在能力を最大限に引き出す構えの戦略的パートナー、顧客の数を急速に増加させているIsotropicにとって格別な年に行われた。ボーイングの投資は、当社のチームにボーイングのエキスパート、テストラボ、その他の貴重なリソースへのアクセスを提供、当社の端末ソリューション展開を迅速にし、他の宇宙ベースや無線接続アプリケーションにわたる当社の知的財産を活用する」と語った。

Isotropic Systemsは、電波の方向を制御する変換光ビームフォーミング技術を活用し、費用対効果が大幅に高く、消費電力は大幅に少なくて済むものの、エンドユーザーに優れたパフォーマンス上のメリットをもたらす通信端末ソリューションを開発した。コスト、電力の大幅な削減がパフォーマンスの向上と相まって、新たな市場の開拓と衛星通信の大規模採用が可能になる。

Boeing HorizonX Venturesのマネージングディレクター、ブライアン・シェトラー氏は「Isotropicのソリューションによって、衛星サービスプロバイダーは能力向上とコスト削減が可能になる。今回の投資は、宇宙ベースの接続サービスの大衆市場への拡大を加速させ、宇宙イノベーションにおけるボーイングのリーダーシップを継続させる」と語った。

今回の新たな資金調達により、Isotropicは同社の技術の商業化を加速させ、衛星通信事業者顧客に利益をもたらすとともに、同社の技術を活用して隣接市場での新たなアプリケーションの可能性を探ることが可能になる。

この発表に関する詳細については、Boeing HorizonX Venturesのプレスリリース ( (リンク ») )を参照。

▽Isotropic Systemsについて
Isotropic Systemsは、衛星業界が従来の市場の「限界を超え」、フルセットのハイスループットサービスで新規顧客を獲得するのをサポートすべく設計された、世界初のマルチサービス、高帯域幅、低電力、完全統合ハイスループット端末を開発している。同社の業界専門家や科学者のチームは、衛星端末設計において先駆けとなる仕事をいくつか手掛けてきた。詳細については、 (リンク ») を参照。ビジュアルメディア資産はこちら( (リンク ») )で入手可能。

▽Boeing HorizonX Venturesについて
Boeing HorizonX Venturesは、航空宇宙分野のスタートアップイノベーションの規模拡大を支援する投資をターゲットにしている。同社のポートフォリオには、自律システム、積層造形、エネルギーとデータストレージ、先端素材、拡張現実システムとソフトウエア、機械学習、ハイブリッド電気と極超音速推進、インターネット・オブ・シングス接続を専門とする企業が含まれている。

▽ボーイングについて
ボーイングは世界最大の航空宇宙企業で、民間航空機、防衛、宇宙およびセキュリティーシステムの大手メーカーであり、民間、政府向けの航空宇宙サービスの大手プロバイダーである。米国トップの輸出業者である同社は、150を超える国々で航空会社や米国とその同盟国政府の顧客をサポートしている。

ソース:Isotropic Systems Ltd


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]