Remo TechnologyがKickstarterでOBSBOT Tailを発売開始

OBSBOT 2019年01月16日

From 共同通信PRワイヤー

Remo TechnologyがKickstarterでOBSBOT Tailを発売開始

AsiaNet 77094 (0089)

【サンフランシスコ2019年1月16日PR Newswire=共同通信JBN】AIビデオカメラの開発企業Remo Technology( (リンク ») )は、世界初の自動ディレクターAIカメラOBSBOT Tailの事前予約をKickstarter( (リンク ») )で受け付けると発表した。

Photo- (リンク »)
写真キャプション:世界初の自動ディレクターAIカメラOBSBOT Tail

バラエティーが「Innovation that Stole the Show(話題をさらうイノベーション)」( (リンク ») )と称賛したOBSBOT Tailは、ダンスしたりスケートボードをしたり、ビデオブログを作成したりする際に、カメラマンなしでユーザーを追跡、記録する独自のAI機能を提供する。

ジェスチャーを使ってAI撮影モードを起動するか、OBSBOT Studioアプリを使って、ユーザーの上半身の撮影、自動流し撮り、ビデオの傾き撮影をはじめ、効果を引き立たせるための自動ズーミングイン、ズーミングアウトなどの撮影効果を生み出す。

OBSBOT Tailは早期割引価格469米ドルでKickstarter( (リンク ») )から事前予約できる。

Remo Technologyのボー・リュー最高経営責任者(CEO)兼創設者は「映画撮影における画期的なイノベーションを搭載するOBSBOT Tailに圧倒的な関心が寄せられている。ようやくOBSBOT TailがKickstarterからの事前予約にこぎつけられたことを大変うれしく思う」と語った。

▽OBSBOT Tailの機能
*強力なプロセッサー:HiSilicon Hi3559Aチップはイメージプロセッシングを可能にするとともに、3D Lookup Table(3DLUT)をサポートしてトゥルーカラー撮影を可能にする

*1200万画素の4Kビデオ:3.5倍工学レンズ、10の光学レンズ(4つのHoya非球面レンズ)、ビデオ向け100-3200 ISO、写真向け100-3200 ISOを誇る

*3軸、360度ジンバル:独自の「ExtraSmooth」テクノロジーはジッターフリーのカメラ運動を提供する

*AI追跡:低照度であらゆる人を追跡し、ジェスチャー認識によって撮影ないしは動く被写体のフレームショットを開始する

*Power Gesture:OBSBOT Tailのジェスチャー認識テクノロジーは、最大6メートル(広角)、20メートル(望遠)の距離の中で安定的かつ正確なジェスチャーコントロールを実現する

*アハ体験:OBSBOT Tailの総合ビデオ分析テクノロジーはリアルタイムでビデオ撮影を分析し、撮影が終了次第に最も重要なクリップを推奨する

*Obsbot Studioアプリ:OBSBOTアプリの中で、多数の編集オプションによって撮影場面をシームレスに編集できる

KickstarterからOBSBOT Tailの事前予約:
(リンク »)

Remo Technologyのメディアキットは以下を参照:
(リンク »)

▽Remo Technologyについて
Remo Technologyは新しいアイデアおよびAIを含むテクノロジーによって、カメラ業界の限界を押し広げることに専念するカメラ企業である。その製品は誰でも同時にアクター、カメラマン、ディレクターになることを可能にする。

Remo Technologyに関する詳細はウェブサイト (リンク ») を参照。

Logo- (リンク »)

ソース:OBSBOT

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]