食品安全分野を率いる世界的権威の面々、GFSI会議にて新たな課題への取り組みを開始

世界食品安全イニシアチブ (GFSI) 2019年01月17日

From 共同通信PRワイヤー

食品安全分野を率いる世界的権威の面々、GFSI会議にて新たな課題への取り組みを開始

AsiaNet 77110

パリ、2019年1月17日/PRNewswire/ --

食品の安全を高めて消費者の信用を獲得することを目指す、世界食品安全イニシアチブ(GFSI: Global Food Safety Initiative)が、2019年2月25?28日にかけてフランスのニースで第18回目の年次会議( (リンク ») )を開催します。世界最高峰の小売業者、メーカー、サービス業者、研究者、規制当局、そして消費者保護団体など、全世界で最も影響力を持つ千人以上の参加者が50ヵ国以上から参加します。「食品安全に関する新たな課題と未来の食品安全(Emerging Challenges & The Future of Food Safety)」というテーマを通して参加者達は、最も切迫した新たな懸念事項への解決策をおし進め、業界の将来を方向付けることになります。

     (ロゴ: (リンク ») )

同会議では、ダノン(Danone)の取締役兼CEO、エマニュエル・ファベル(Emmanuel Faber)氏をはじめ、厳選された登壇者達が講演を行います。ファベル氏は次のようにコメントしています。「食の安全は、食品に関わる全てのタイプのビジネスにとって基本です。ダノンと、食品を通して人々を健康にするという当社の使命にとって、食の安全は殊更に重要です。より健康的で持続可能な飲食習慣を促すという当社の目標も、安全な食品に根ざさなければ、意味を成しません。GFSIの年次会議は、食品の安全を目指すコミュニティが集い、足並みをそろえ、知識を共有し、学ぶことができる絶好の機会なのです。GFSIが発足したフランスへ再びGFSIを迎えられることを、光栄に思います。」

新たな課題と食品安全の未来
本年のプログラムは、食品供給チェーンの様々な場面で起きている、あるいは起きつつあるさまざまな問題や、食品安全分野における革新や未来に向けた解決策を取りあげます。高次の問題を論ずる講演やさまざまな問題について深く掘り下げるディスカッションでは、尊厳のある供給チェーンのあり方や、開発途上の市場における能力構築、テクノロジーやデータ管理面での革新、アレルギー誘発物質を管理するための独創的な解決策、変わりつつある全世界の小売市場、サード・パーティーによる認証の増加など、さまざまなトピックが取りあげられます。参加者は、食品産業に携わる全員が一丸となって食品安全の文化を作り上げるために今後採るべきステップについて、より理解を深めて会期を終えることになります。

GFSIステージ( (リンク ») )では、著名な革新者や研究者、ビジネス・リーダー、公的機関従事者、国際企業のCEOや草の根レベルで活動する登壇者を歓迎いたします。食品安全のために第一線で活躍し、成功談と失敗から得た教訓の両方を含む現場でのケース・スタディーを、全ての消費者へ安全な食を提供することを目指して協力し合うというGFSIのアプローチに基づいて、同じ分野の人々と共有する参加者達から学ぶことができる、ユニークなフォーラムです。

モンデリーズ・インターナショナル(Mondelez International)CEOのダーク・バン・デ・プット氏(Dirk van de Put)は、業界の当事者達には、目まぐるしく変化する現状を踏まえて未来へ備える責任があると、強調しています。「技術が進歩し、持続性に関するプレッシャーが増し、消費者人口が変化しつつある現在、食品業界は極めて重要な変化に直面しています。GFSI会議はこのことを踏まえて、現状の一歩先を行くために必要となる見識を、業界のリーダー達へ提供し、食品の安全について協力し合う世界最大規模の対話を実現することを目指しています。」

様々な関係当事者間での協力関係を育成
2001年の発足以降GFSI会議( (リンク ») )は、様々なセクターや地域間を結びながら、数千人規模の業界の重鎮達が交流し、複数年にわたる世界レベルの対話が生まれるよう、活動してきました。GFSIに参加した80%以上の人々が、ネットワーク作りの場が豊富であり、最新の技術革新について学ぶことができるなど様々な機会があることを理由に、毎年GFSIに参加すると述べています。

ザ・コンシューマー・グッズ・フォーラム(The Consumer Goods Forum)の主要イベント担当ディレクター、マージョレイン・ラース(Marjolein Raes)氏は、GFSIが食品業界に携わるあらゆる分野の関係者にとってきわめて重要な会議であると、述べています。「包括的で開かれたアプローチを採るGFSIでは、企業が供給チェーンのどこに位置していようとも、食品の安全性を高めるために活動する全ての当事者の重要性をみとめています。そして、協力の精神を育み、業界の全方面へ前向きで総体的な変化をもたらすことを目指しています。」

(リンク »)

プレスお問合せ: GFSI@golin.com

ソース: 世界食品安全イニシアチブ (GFSI)

(日本語リリース:クライアント提供)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]