駒沢女子大学がエイチ・アイ・エスと「観光人材育成のための産学連携協定」を締結 -- 2019年度後期より寄付講座「観光ホスピタリティのキャリアデザイン」を開講

駒沢女子大学 2019年01月17日

From Digital PR Platform




駒沢女子大学(東京都稲城市/学長:光田督良)は、株式会社エイチ・アイ・エス(東京都新宿区/代表取締役会長兼社長(CEO):澤田秀雄/以下、H.I.S.)と「観光人材育成のための産学連携協定」を2019年1月17日付で締結した。この協定は、大学における観光教育と企業における人材育成を有機的に連携させることで、旅行産業・観光ホスピタリティ産業で活躍する人材の育成に寄与することを目的としており、これをもとに今年9月より同大の人間総合学群においてH.I.S.寄付講座「観光ホスピタリティのキャリアデザイン」(全15回)の開講や教材の共同開発を行う。




 近年、訪日外国人観光客の増加で成長著しい観光ホスピタリティ産業において、女性活躍やダイバーシティ推進は不可避の課題となっている。
 こうした中で「知性と理性を備えた心豊かな女性の育成」を教育理念として掲げる駒沢女子大学とライフスタイルの多様性に対応した働き方改革を推進するH.I.S.は、女性活躍やダイバーシティ推進という観点において共通の目標を持っている。
 このたびの産学連携協定の締結により、相互の人的・知的資源を活用しながら観光教育の充実化を図り、学生の進路設計の一助とし、旅行産業・観光ホスピタリティ産業において活躍する女性人材の育成に寄与していく。
 協定の概要は下記の通り。

■協定名
 観光人材育成のための産学連携協定

■締結日
 2019年1月17日

■連携事項(要約)
1. 人間総合学群の授業科目「観光文化入門II」において、2019年度後期より全15回のシリーズ講座「観光ホスピタリティのキャリアデザイン」を開講
・第1講から第13講では航空会社、鉄道会社、旅行会社、ホテル、ブライダル産業などの観光ホスピタリティ産業で活躍する女性や当該産業で働き方改革を推進する経営者や企業幹部が講師となり、女性のキャリアデザインをテーマに講義を行う。第14講では、旅行会社各社の若手女性社員によるパネル討論会を予定。また、最終回となる第15講では、学生が事前に提出したレポートの中で優秀と認められた数件をプレゼンテーション発表し、H.I.S.の役員・幹部がコメント評価を行う予定。

2. 人間総合学群観光文化学類の授業科目「旅行業実務論」において教材を共同開発

3. 相互の授業・セミナーでの講師派遣

■株式会社エイチ・アイ・エス 概要
 本 社: 東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー29階
 代表者: 代表取締役会長兼社長(CEO) 澤田秀雄
 設 立: 1980年12月19日
 資本金: 11,000百万円(2018年10月31日現在)
 従業員数: 17,054名(グループ全体/2018年10月31日現在)

▼本リリースについてのお問い合わせ先
 学校法人駒澤学園 IR・広報部
 〒206-8511 東京都稲城市坂浜238番地
 Tel:042-350-7212(直通)
 Fax:042-331-1919
 E-mail: prkomajo@komajo.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]