トランザス子会社、TRANZAS Asia PacificはインドネシアのホテルサービスプロバイダーIZY PTと同国内のホテル向けIoT製品提供に関してパートナー契約を締結

株式会社トランザス 2019年01月23日

From DreamNews

 株式会社トランザス(本社:横浜市西区、代表取締役社長:藤吉 英彦、以下 トランザス)の100%子会社であるTRANZAS Asia Pacific Pte. Ltd.(本社:シンガポール共和国、代表者:藤吉 英彦、以下TAP)は、IZY PT Gahar Innovasi Abadi(本社:インドネシア共和国、代表者:Gustaf Loho、以下IZY)とトランザスのIoTコントローラー「AIrux」を中心とするIoT機器のインドネシアマーケットへの販売提供に関してパートナー契約を2019年1月23日(水)に締結いたしましたので、お知らせいたします。

 インドネシアは、豊富な観光資源を有する国であり、格安航空会社(LCC)の普及が同国の観光産業の大きな後押しとなり、外国人訪問客数が堅調に増加し続けております。
 IZYは、インドネシアの携帯電話キャリア3社と提携し、同国内のホテルにスマートフォンを利用したホスピタリティサービス事業を展開しております。IZYが提供するホスピタリティサービスは、事業の開始から、僅か6ヶ月で1万5千室以上の客室に導入され、そのスピーディーなビジネス展開により、現在同業界において最も注目されるホテルサービスプロバイダーの1社です。
 IZYの提供するホスピタリティサービスは、ホテルの客室内に設置されたスマートフォン端末を通じて、ゲストがホテルの「情報サービス」「オーダーリングサービス」「施設予約サービス」等の電子コンシェルジェサービスを受ける事が出来る、双方向型情報提供サービスになります。

 この度、トランザスのIoTコントローラー「AIrux」を、IZYの提供するサービスと連携させることで、室内空間の制御・演出及びエネルギー削減の効果が得られ、IZYが提供するホスピタリティサービスをより深化させることが可能であると見込まれ、TAPとIZYでパートナー契約の締結に至りました。
 さらに現在、TAPとIZYは、インドネシアホテルマーケットへの「AIrux」の導入促進に加え、革新的なコンセプトのカプセルホテルメーカーと3社でのホテル向けIoT製品の開発も共同で進めております。TAPは今回の提携を皮切りに、アジア市場における更なる事業拡大に向けて、販売強化に取り組んでまいります。

【IZY PT Gahar Innovasi Abadi概要】  (リンク »)
名 称:IZY PT Gahar Innovasi Abadi
所在地:MISI BUILDING, Jln K.H Wahid Hasyim no 12A, Kebon Sirih, Jakarta Pusat 10340
設 立:2018年
代 表:Gustaf Loho

【TRANZAS Asia Pacific Pte. Ltd.概要】
名 称:TRANZAS Asia Pacific Pte. Ltd.
所在地:Paya Lebar Square, 60 Paya Lebar Road #05-22, Singapore 409051
設 立:2017年
代 表:藤吉 英彦

本リリースに関するお問い合わせはこちらまで
株式会社トランザス 担当:森 pr@tranzas.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]