編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

法政大学を60年支えた校舎の「最終講義」「55・58フェアウェルDays」 -- 2/23(土)・24(日)、市ケ谷キャンパスで開催 -- 設計者・大江宏にまつわる展示やアート企画、かつての人気学食メニューも復活予定

法政大学

From: Digital PR Platform

2019-01-24 08:05




学校法人法政大学(総長/田中優子、以下「本学」)では、戦後の法政大学を支え続けた市ケ谷キャンパス(東京都千代田区)55・58年館が建替工事に伴い解体されるため、校舎のお別れイベントとして「55・58フェアウェルDays」を2019年2月23日(土)・24日(日)の2日間にわたり開催します(入場無料、事前予約不要)。




 市ケ谷キャンパスでは、2019年3月に新校舎である「大内山校舎」が竣工し、55・58年館の解体工事が始まります。55・58年館は竣工当時から「日本有数のモダニズム建築」として高い評価を受けてきた法政大学を象徴する校舎であるとともに、60年以上にわたり学生・教職員と共に大学の歴史を築いてきた学び舎です。
 今回、全館の解体工事が始まるにあたり、55・58年館の記憶を本学の未来に受け継ぐために、校舎の「最終講義」と称して、お別れのイベントを2日間にわたって開催する運びとなりました。当日は学生・教職員による懐かしい写真展、建築家大江宏氏にまつわる企画展示やシンポジウム、アーティストによる記憶継承の企画など、さまざまな催しを予定しています。イベントの概要は下記の通りです。

【「55・58フェアウェルDays」概要】
※詳細は別添資料をご参照ください。
■日時:2019年2月23日(土)・24日(日)11:00~17:00
■場所:法政大学市ケ谷キャンパス(東京都千代田区九段北3-2-3)
■企画:シンポジウム「大江宏と55・58年館」(24日)
    写真展・アート作品展示(23日・24日)
    落語上演・映画上映(23日・24日)
    55・58年館の見どころ音声解説(23日・24日)
    55・58年館のレクチャー&見学会(24日)
    応援団デモンストレーション(24日)
    懐かしの食堂メニュー復活(23日・24日)
■主催:法政大学
■後援:55/58 きおくプロジェクト

※なお、明治大学、関西大学との3大学連携協力協定締結記念の特別展示「ボアソナードとその教え子たち」および記念シンポジウムを同時開催します(シンポジウムは23日開催)。

▼本件に関する問い合わせ先
総長室広報課
TEL:03-3264-9240
メール:pr@adm.hosei.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]