編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

新たな発酵技術で香り豊かに、まろやかに。「いつでも新鮮® 特選 丸大豆しょうゆ まろやか発酵」新発売!

キッコーマン株式会社

From: 共同通信PRワイヤー

2019-01-24 15:00

1月24日

キッコーマン株式会社 (リンク »)

キッコーマンから、新たな発酵技術で香り豊かに、味わいまろやかに。
「いつでも新鮮® 特選 丸大豆しょうゆ まろやか発酵」新発売!

キッコーマン食品株式会社は、2月4日に、当社独自の新たな発酵技術を活かした「キッコーマン いつでも新鮮® 特選 丸大豆しょうゆ まろやか発酵」を全国で新発売します。


【画像: (リンク ») 】

「いつでも新鮮® 特選 丸大豆しょうゆ まろやか発酵」は、発売から約30年のロングセラー商品「キッコーマン 特選 丸大豆しょうゆ」をベースに、当社独自の新たな発酵技術(特許取得済)によって、豊かな香りと、まろやかな味わいを生み出したしょうゆです。

通常のしょうゆの製法では、「もろみ(*1)」が“乳酸発酵”、“アルコール発酵”(*2)を経て熟成した後、搾られてしょうゆになります。搾られたしょうゆには油分が含まれており、しょうゆにも油分にも、アルコール発酵によって生まれた多くの香り成分が含まれていますが、最終的に油分は取り除かれます。
このたび新たに開発した当社独自の発酵技術では、「もろみ」をアルコール発酵する前の段階で搾り、油分を取り除いた液体の状態でアルコール発酵させることで、香り成分を豊富に生み出し、芳醇な香りでまろやかなしょうゆをつくることができます。

「いつでも新鮮® 特選 丸大豆しょうゆ まろやか発酵」は、従来の「特選 丸大豆しょうゆ」よりもフルーティな香りや花のような香りの成分を多く含んでいます。つけ・かけに使うと、甘くフレッシュな香りが素材の味を引き立てます。また、これらの香り成分は、加熱した際に調理油に溶けやすく、油が香りを閉じ込めるため、炒め物や煮物などを食べた時に、まろやかさをより感じることができます。

容器には、開栓後も常温保存で、開けたての色やおいしさを保ち、1滴から欲しい分まで注ぐ量を自在に調節できる“密封ecoボトル”を採用しました。このたび、“密封ecoボトル”で開栓後の鮮度を維持できる期間を、「90日」から「120日」に延長し、より長く“いつでも新鮮”なしょうゆをお楽しみいただけるようにしました(*3)。
PET素材を使用しているので、PETボトルとしてリサイクルできます。鮮度を保つ機能と使いやすさに加え、“環境への配慮”も兼ね備えた容器です。

キッコーマンは、これまで培ってきた発酵技術をさらに進化させ、新しいおいしさを生み出すことで、より豊かで健康的な食生活を応援してまいります。


(*1)一般的なしょうゆの製造過程では、まず大豆・小麦と種麹で「しょうゆ麹」をつくり、これに食塩水を合わせて「もろみ」にします。

(*2)「乳酸発酵」は乳酸菌の働きで乳酸をつくり、しょうゆに酸味や味の深みを与えます。「アルコール発酵」は酵母の働きでアルコールをつくり、複雑な香りを生み出します。

(*3)現在販売中の“密封ecoボトル”を使用している商品のうち、「いつでも新鮮Ⓡ しぼりたて生しょうゆMILD」「いつでも新鮮Ⓡ 超特選極旨しょうゆ」は、2019年2月以降、「開けて120日間鮮度を保つ(開栓後常温保存)」の表示に順次切り替えます。また、販売中の「いつでも新鮮Ⓡ 特選 丸大豆減塩しょうゆ」は、2019年4月に“密封ecoボトル”に容器を変更し、「開けて120日間鮮度を保つ(開栓後常温保存)」の表示に切り替えます。


                    記

1.品名及び内容量、価格
キッコーマン いつでも新鮮 特選 丸大豆しょうゆ まろやか発酵 450mlボトル 300円(消費税別)
※上記の希望小売価格は、あくまで参考価格で、小売業の自主的な設定をなんら拘束するものではありません。

2.発売時期 2019年2月4日
3.販売地域 全国
4.消費者お問い合わせ先 キッコーマンお客様相談センター TEL 0120-120358

以上



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]