編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

共創型クラウドECプラットフォーム「ec-cube.co」を2019年2月にリリース。初期・月額無料、カスタマイズ可能なSaaS型EC-CUBE。 ~ パートナーとは技術、サポート、収益をシェア ~

株式会社イーシーキューブ

From: DreamNews

2019-01-24 16:00

株式会社イーシーキューブ(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役:岩田 進)は、国内No.1EC構築オープンソース(※1)「EC-CUBE」のSaaS版となる共創型クラウドECプラットフォーム「ec-cube.co」を2019年2月にリリースすることを本日2019年1月24日に発表いたします。
「ec-cube.co」は、オープンソースソフトウェア「EC-CUBE」で必要な、インストールや監視・メンテナンス、バージョンアップが不要で、初期・月額費用が無料、SaaSでありながらカスタマイズが可能である点が特徴です。「EC-CUBE」がこれまで培ってきた、全国150社以上のパートナーネットワークや、各地のユーザーコミュニティといった人と人との繋がりで共に支援・成長し合うことをコンセプトとしており、より円滑で楽しみながら店舗運営ができるプラットフォームを目指しています。「ec-cube.co」は、「共に創り・運営する」オープンなSaaSを目指しサービスを拡充してまいります。



サービスサイト: (リンク »)

■リリースの背景
「EC-CUBE」は「ECに色を」のコンセプトのもと、2006年9月にリリースされ、日本全国のユーザーやパートナーに支えられ国内シェアNo.1 EC構築オープンソースの地位を築いてきました。現在も利用サイト数は推定で3万5000店舗、2018年年間の流通総額は推定で2,000億円を突破するなど、順調にサービス規模を拡大しています。しかし昨今のEC構築におけるオンプレミス市場の伸びは緩やかで、「ECに色を」のコンセプトをより加速度的に推進するため、この度、EC-CUBEのSaaS版である「ec-cube.co」をリリースする運びとなりました。

■共創型クラウドECプラットフォーム「ec-cube.co」
「ec-cube.co」は共に創り・運営する、共創型クラウドECプラットフォームです。利用ユーザーやそれを支えるパートナーは、共にサービスを運営する仲間として、助け合い、楽しみながら成長できるプラットフォームをコンセプトとしています。「ec-cube.co(SaaS版EC-CUBE)」「パートナーネットワークの活性化」「ユーザーコミュニティの活性化」というEC-CUBEがこれまで培ってきた3つの強みを最大限に活かし運営してまいります。

●SaaS版EC-CUBE「ec-cube.co」
オープンソースのEC-CUBE Ver4.0を基盤とし、クラウド環境で動作するSaaSとして提供いたします。初期・月額利用料は無料(トランザクション費用が別途かかります)、プラグインやデザインテンプレートもEC-CUBE4系のものが全て利用でき、カスタマイズも可能です。また、インストール、監視・メンテナンス、バージョンアップが不要なため、今まで以上に店舗運営や売上UP施策、ブランディングに時間を有効に使うことが可能です。

●パートナーネットワークの活性化
「ec-cube.co」を踏まえた新パートナー制度(2019年6月目途スタート)を構築し、パートナーネットワークの更なる活性化を目指します。EC-CUBEの150社以上からなるパートナーは、これまでの受託開発メインから、共にSaaS型ビジネスを運営する仲間として新たなビジネスへの可能性を広げることが可能です。
 ・ソースコード、クラウド環境、運営ノウハウ等、技術・ノウハウ共有
 ・全国のパートナーでユーザーをサポートし合うネットワーク構築
 ・「ec-cube.co」で得られた収益をシェアするパートナー制度

●ユーザーコミュニティの活性化
デザイナー、開発者はもちろん、ショップオーナーがより参加しやすいユーザーコミュニティを全国各地に構築してまいります。孤立しがちなショップオーナーも、より楽しみ、助け合いながら店舗運営ができるコミュニティを目指してまいります。

本サービスのリリースにより、日本国内はもとより、世界展開も視野に入れ、より広く、よりスピード感をもって「ECに色を」のコンセプト実現に向け尽力いたします。

■今後のオープンソース版EC-CUBEに関しまして
「ec-cube.co」リリース以降もオープンソース版EC-CUBEは引き続きメンテナンスしてまいります。SaaS版ではできない個別カスタマイズが必要な案件等、引き続きオープンソース版をご活用ください。

●EC-CUBE 4系
EC-CUBE4系と「ec-cube.co」のソースコードは同じものとなり、共にメンテナンスしてまいります。

●EC-CUBE 2系
EC-CUBE Ver2.17(PHP7対応)をコミュニティ主導で開発しており、RC版を近日公開予定です。また、EC-CUBE4系へのデータ移行プラグインを無料の公式プラグインとして1月末のリリースを予定しております。
EC-CUBE公式のVer2.13はセキュリティ系メンテナンスを中心にメンテナンスを継続実施いたします。

●EC-CUBE 3系
引き続きサポートしてまいります。また、Silex、Symfony等フレームワークのサポートが切れた場合でも、セキュリティの問題が発生すればEC-CUBE側で対応していく方針です。

■「EC-CUBE」について
ECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」は2006年9月の公開以降多くの方にご利用いただき、日本No.1 EC構築オープンソースとして認定(※1)されています。現在は、推定35,000店舗以上で実際に稼働しております(当社調べ)。
2018年10月には、内部機構から見直し、カスタマイズ性や使い勝手を大幅に向上させた「EC-CUBE 4.0」をリリースしております。

※1:独立行政法人情報処理推進機構「第3回オープンソースソフトウェア活用ビジネス実態調査」による

■株式会社イーシーキューブ概要
会社名:株式会社イーシーキューブ
本社:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
namba branch:〒542-0076 大阪市中央区難波5-1-60なんばスカイオ27F WeWork
代表者:岩田 進(いわたすすむ)
設立:2018年10月1日
URL: (リンク »)
主要株主:株式会社ロックオン
事業内容:ECオープンプラットフォームの開発・提供等


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]