世界的なコンプライアンス分野の規制強化を背景にグローバルコンプライアンス支援ツールを大幅に強化

株式会社東京商工リサーチ 2019年01月28日

From 共同通信PRワイヤー

2019年(平成31年)1月28日

株式会社東京商工リサーチ (リンク »)

世界的なコンプライアンス分野の規制強化を背景にグローバルコンプライアンス支援ツールを大幅に強化

TSRでは世界的なコンプライアンス分野の規制強化の流れを背景にグローバルコンプライアンス支援ツールを大幅に強化し、お客さまのコンプライアンス分野における様々な課題を解決するソリューションを提供いたします。

グローバルコンプライアンス支援ツール強化の背景
マネー・ロンダリング及びテロ資金供与対策、腐敗行為防止、安全保障貿易管理等では関連する法規制の強化が進み、違反すると多額の制裁金や事業停止等の処罰が科せられます。企業においては事業継続への影響を回避するため、これまで以上にコンプライアンス分野関心が高まっている状況です。そこで、TSRでは今回、グローバルレベルで実質的支配者(UBO※)の把握を可能とする機能を含んだ支援ツールを強化いたします。

※UBO:Ultimate Beneficial Ownership(アルティメット・ベネフィシャル・オーナーシップ)

強化されたグローバルコンプライアンス支援ツールの内容について
オンラインのコンプライアンス支援ツール「D&B Onboard」のリリース
D&B Onboard(ディアンドビーオンボード)とは?
世界最大級のクローバル企業データを活用し、D-U-N-S®Numberをキーとした企業の実在性確認から実質的支配者の把握が可能です。更に、豊富な制裁リストやPEPs、メディア情報等とのスクリーニングが可能なオンラインのコンプライアンスチェックツールで、新規取引先など1件毎のコンプライアンスチェックを行う場合に有効です。

ご導入により期待される効果
取引先の実体確認に加え、当該企業の実質的支配者までの特定を瞬時に行うことでビジネス機会の損失を回避します。また、豊富な参照リストとのスクリーニングにより、コンプライアンスリスクを可視化することで法規制等へ対応を可能とします。


【画像: (リンク ») 】

※RDC社(Regulatory DataCorp, Inc.):リスク、コンプライアンス・サービスのグローバルにおけるリーディング・カンパニーで世界最大のオープンソースのリスク関連レコードデータベースを保有。

オフラインのコンプライアンス支援ツール「KYC Batch」の機能大幅拡充
KYC Batch(ケイワイシーバッチ)とは?
お客さまからお預かりしたチェック対象リストの企業に対し、一括でD-U-N-S®Numberとマッチングすることで、実質的支配者の特定を含む企業の実体確認と、スクリーニングを実施するオフラインのコンプライアンスチェックツールです。大量の対象リストを一括で処理するため、定期的なコンプライアンスチェックを実施する場合に有効です。

機能大幅拡充の内容について
スクリーニングにおける参照リストの網羅性が大幅に向上しました。RDC社の情報を活用することで、世界中の制裁リストはもちろん、PEPsやメディア情報まで参照可能となり、これまで以上に高度なコンプライアンスチェックを実現します。

提供開始日
2019年1月28日(月)

価格
お問い合わせください。
※価格は案件によって異なるため、別途お問い合わせください。
※各サービスのスクリーニングはオプションとなります。



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]