編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

FIHが2020年五輪向けグリーン芝技術を推奨

Braskem

From: 共同通信PRワイヤー

2019-01-28 14:23

FIHが2020年五輪向けグリーン芝技術を推奨

AsiaNet 77226(0138)


【ロッテルダム(オランダ)2019年1月25日PR Newswire=共同通信JBN】
*PolytanとBraskemは、2020年東京五輪向けにI'm green(TM)ポリエチレン製のホッケー競技場を提供できることを誇りに思う

国際ホッケー連盟(FIH)は2016年、ワールドカップと五輪のパートナーとして、そして2018年と2022年のホッケーワールドカップと2020年東京五輪のホッケー競技場のサプライヤーとして、SportGroupの大手ブランドであるPolytanとの提携を発表した。

Photo - (リンク »)
Logo - (リンク »)

東京は、環境に優しい技術を使用して2020年に史上初のカーボンニュートラルな五輪を開催するという目標を設定した。ワールドクラスのホッケー競技場の大手サプライヤーで、FIHのグローバルパートナーであるPolytanは、繊維の60%をBraskemの再生可能なI'm green(TM)ポリエチレン技術をベースとする、持続可能なホッケー芝、Poligras Tokyo GT(Green Technology)を開発することにより、重要な貢献をしている。Polytanはバイオベースのポリエチレンを使用し、十分実証済みのポリエチレンモノフィラメント繊維の優れた性能に持続可能な特徴を付加している。

弾力性のあるベース層は最適な吸収を保証しており、これはホッケー芝システム全体の重要な部分である。同じく新たに開発されたPolytan PolyBase GT弾性層は、ホッケー芝にさらに良好な環境バランスを与える。CO2排出削減により高く評価され得る結合剤が、顆粒の恒久的弾性結合用に使用されている。

FIHのティエリー・ウェイル最高経営責任者(CEO)は「FIHは、この新たな芝技術が東京のカーボンニュートラルなビジョンをサポートし、大会に有益な貢献ができることを喜んでいる。FHIは、ホッケーの環境フットプリントの改善を戦略的優先事項としており、Polytanのような先進企業とのパートナーシップが重要なのはそのためだ。東京で使用されるサーフェスは、以前の五輪大会で使用されていたサーフェスよりも3分の2少ない水しか必要としないことを喜ばしく思う。FIHは、ホッケーが最新の芝が提供するあらゆる技術的可能性を活用することで、より持続可能な環境に貢献できると固く信じている」と語った。

Polytanのフリーデマン・ゼル製品管理部長は「当社はPoligras Tokyo GTの開発により、ホッケーのピッチをより持続可能なものにするだけでなく、そのパフォーマンスを大幅に向上させることに成功した。ホッケー芝がこれほど環境に優しくなったことはなく、ホッケーの試合をこれほどダイナミックかつ緻密なものにしたこともなかった。私はこのことをとても誇りに思う」と語った。

BraskemのRenewable Chemicals Europe & North Americaのマルコ・ジャンセン・コマーシャルディレクターは「PolytanとFIHが2020年東京大会のホッケー競技場用にBraskemのI'm green(TM)ポリエチレンを選んでくれたことを誇りに思う。東京が初のカーボンニュートラルな大会を開催するという目標を設定し、BraskemがFIHとPolytanと共にこれに貢献できることを喜んでいる」と付言した。

I'm green(TM)ポリエチレンは、サトウキビ由来のエタノールから得られるプラスチックである。それは、生育過程で環境中の二酸化炭素を吸収する植物原料である。Polytanが人工芝製造用にこの原材料を選んだ理由は、I'm green(TM)ポリエチレンのカーボンフットプリントが化石ポリエチレンと比較してプラスの影響を与えるためである。2020年東京大会向けのPolytanホッケー競技場でI'm green(TM)ポリエチレンが1kg使用されるたびに、5kg近いCO2が排出されずに済む。これらはすべて、芝の品質に妥協することなく達成されている。

▽Polytanについて
Polytanで最高のパフォーマンスを見せる-それは1969年以来、Polytanが追い求めてきた理想である。スポーツ医学の分野における最新の発見に絶えず注目しつつ、アウトドアスポーツサーフェスの専門家は、その合成サーフェスと人工芝システムを絶えず洗練し続けている。高品質の合成サーフェスは今や、衝撃を吸収するソフトインパクトサーフェスや多機能の全天候型ピッチから、国際競技大会用の高速サーフェスに至るまで多岐にわたっている。Polytanが提供する幅広いサービスには、独自のスポーツサーフェスの開発、製造、フィッティングだけでなく、ラインマーキング、修理、清掃、およびメンテナンスも含まれる。

▽Braskemについて
人間本位のグローバルな将来ビジョンを持つBraskemは、化学製品とプラスチックで持続可能なソリューションを創造することにより人々の生活を向上させるため、日々努力している。Braskemは米州最大の熱可塑性樹脂メーカー、世界有数のバイオポリマーメーカーであり、化学製品やプラスチックを通じてより環境に優しいインテリジェントで持続可能なソリューションを生み出している。Braskemは約100カ国の顧客に輸出、ブラジル、米国、ドイツ、メキシコにある41の工業施設を運営しており、特にメキシコではメキシコ企業Idesaと提携している。
詳細については、www.braskem.com を参照。

ソース:Braskem

▽問い合わせ先
Maite Lazo Munoz
Corporate Marketing Europe - Braskem Netherlands BV;
maite.lazo@braskem.com;

または
Marco Jansen
Commercial Director
Renewable Chemicals Europe & North America - Braskem Netherlands BV;
marco.jansen@braskem.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]