編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

アリババクラウド、日本2箇所目となるデータセンターを東京に開設

アリババグループ

From: Digital PR Platform

2019-01-29 16:51


アリババグループのクラウドコンピューティング部門であるアリババクラウドは2019年1月29日、大規模なデータ処理と機械学習テクノロジーを必要とするお客様の需要増加に対応するため、日本に2箇所目となるデータセンターを東京に開設することを発表しました。これにより、最新の高度なクラウドサービスを提供できるようになり、日本国内におけるキャパシティは2倍以上に拡張されます。
(リンク »)

第2データセンターは25Gに対応したネットワークインフラストラクチャ(オリジナルの10Gから)や8x P100カードに対応したGPUベースのGN5インスタンスなどの主要製品を備え、ディープラーニングに対応すると同時に最適なパフォーマンスとコスト効率のバランスをとります。GN5インスタンスはあらゆる規模の企業向けに競争上の優位性を高めるように特別に設計されています。その他には、エラスティックコンピューティング、データベース、ネットワーキング、ストレージなどのサービスにも対応します。EC、ゲーム、メディア、製造業、IoT(Internet of Things)などの業界のお客様は、このデータセンターの包括的な製品/サービス群、高可用性、強化されたローカルディザスタリカバリ機能のメリットを活用できます。

●アリババクラウドジャパン カントリーマネージャー Unique Songのコメント
日本で提供しているサービスと機能をさらに拡張することで、日本のお客様のデジタルトランスフォーメーションとイノベーションプロジェクトをサポートできることを嬉しく思っています。これもまた、世界で最も成熟した市場の1つに対する当社の一層の献身を証明するものです。地元のパートナーおよびデベロッパーコミュニティーと連携し、日本のお客様はもちろん、関連する世界中のお客様に最高水準のテクノロジー、検証されたソリューション、揺るぎないサービスコミットメントを提供していきたいと考えています。

アリババクラウドは、世界の19地域で56のアベイラビリティゾーンが稼働しており、今回のデータセンターの開設は、グローバルネットワーク、総合的エコシステム、産業別ソリューションを通じてお客様を継続的にサポートするアリババクラウドの強い意志を示しています。Gartnerの調べでは、アリババクラウドは中国最大のパブリッククラウドサービスプロバイダーであり、ガートナーによると世界のトップ3のIaaSプロバイダーの1つです(※)。

※出典 Worldwide IaaS Public Cloud Services Market Share, 2016-2017 (Millions of U.S. Dollars)。Source: Gartner (August 2018)
(リンク »)

<アリババクラウドのその他のトピック>

「Aibaba Cloud Internet Champion Global Accelerator Program」の一環として、アリババクラウドはベンチャーキャピタリストと共にトレーニング、指導支援、ネットワーキング機会など提供し、日本の開発者をサポートします。アリババグループの独身の日(11.11 Gobal Shopping Festival)の成功経験を日本のビジネスパートナー企業に共有し、共にテクノロジーでビジネス成長をサポートする方法を探索します。
デベロッパー主導のコミュニティ「AiEaters」を通じ、アリババクラウドはトレーニング、ワークショップ、セミナー、スタートアップコンペティションを提供することで、あらゆる規模の企業及びデジタル時代に成功を目指す若い起業家も支援します。
アリババクラウドは、2016年からソフトバンクとの合弁会社である、SBクラウド株式会社を通じてクラウドサービスパッケージを提供しています。また、日本のマーケットでサービスを提供するために、三井物産、NEC、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、ビットメディア、Pixel等企業とも提携しています。


日本におけるデータセンターが2箇所になることで、アリババクラウドのローカルサービスは、エラスティックコンピューティング、画像検索、データストレージ、サーバーロードバランシング、リレーショナルデータベース、セキュリティ、ディザスタリカバリサービスなど、50以上の製品に拡大されます。詳しくは、Webサイトをご覧ください。
jp.alibabacloud.com/campaign/jp-dual-availability-zone
###

アリババクラウドについて
アリババクラウド(www.alibabacloud.com)は、アリババグループのクラウドコンピューティング部門で、2009年に設立されました。Gartnerの調べでは世界のトップ3のIaaSプロバイダーの1つであり、IDCの調べでは中国最大のパブリッククラウドサービスプロバイダーです。アリババクラウドは、アリババグループのマーケットプレイスでビジネスを展開する事業者、スタートアップ企業、中小企業、政府関連機関をはじめとする世界中の事業者にクラウドコンピューティングサービスの包括的な製品群を提供しています。アリババクラウドは、国際オリンピック委員会のオフィシャルクラウドサービスパートナーです。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]