リニューアル第2弾の川崎市臨海部のニュースレター「KAWASAKI Coastal Area News」Vol.20を発行

川崎市 2019年01月30日

From 共同通信PRワイヤー

平成31年1月30日(水)

川崎市臨海部国際戦略本部

リニューアル第2弾の川崎市臨海部のニュースレター「KAWASAKI Coastal Area News」Vol.20を発行
~臨海部から届けるエネルギーとシナジー~

「川崎の南端は世界の最先端です」をキーワードに、川崎臨海部における本市の取組、臨海部立地企業、まちの魅力等、多角度からの情報を発信することを目的としたニュースレター「KAWASAKI Coastal Area News」Vol.20を、1月30日(水)に発行します。
リニューアル第2弾となる今号は、「臨海部から届けるエネルギーとシナジー」と題して、Vol.19で取り上げた「キングスカイフロント東急REIホテル」で使用されている水素を供給している「昭和電工株式会社」と、人類が創造したクリーンエネルギーを供給している「川崎バイオマス発電株式会社」と、その燃料を生産している「ジャパンバイオエナジー株式会社」について紹介しています。
前号と合わせて、ぜひご覧ください。

【Vol.20発行日】
平成31年1月30日(水)

【発行回数】
年3回予定

【配付対象】
マスメディア、インターネットメディア及び区役所等での配付
※市民の皆様に対しては、各区役所、市民館、図書館等に配架することで周知いたします。

【ホームページへの掲載】
ニュースレターはキング スカイフロント公式ウェブサイトでも閲覧できます。
(リンク »)

【ニュースレターVol.20 記事構成(全4ページ)】
「臨海部から届けるエネルギーとシナジー」
○環境と社会に寄り添うパイオニアスピリッツ 昭和電工株式会社
・世界初の取組を進めるホテル
・昭和電工が使用済みプラスチック由来の水素を供給
・川崎市の特異性と昭和電工の高い技術力で実現した水素パイプライン
・昭和電工の不撓不屈の精神

昭和電工株式会社 川崎事業所 企画グループ 高山翔太郎氏
昭和電工株式会社 川崎事業所 生産技術部 福井友亮氏

○人類が創造したクリーンエネルギー
川崎バイオマス発電株式会社
ジャパンバイオエナジー株式会社
・川崎臨海部に国内初の都市型バイオマス発電所
・バイオマス発電の原料はジャパンバイオエナジーが供給
・CO2フリーはカーボンニュートラルという概念
・川崎市の独自性が生んだバイオマス発電
・東日本大震災時の知られざるバイオマス発電の貢献

川崎バイオマス発電株式会社 代表取締役社長 村上 弘氏
ジャパンバイオエナジー株式会社 代表取締役社長 安田 浩氏

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]