「VPNのパフォーマンス改善に向けVPNルータの処理能力を上げる方法」

SCSK株式会社 ヤマハ / ルーター&スイッチ 2019年03月14日

SCSK株式会社ネットワークプロダクト部はシオラボ氏の人気ヤマハルーターコラム「VPNのパフォーマンス改善に向けVPNルータの処理能力を上げる方法」を公開しました。興味がある方はご覧ください。

###

昨今、通信データが多様化するとともに、通信容量も大きくなり、通信が不安定になってしまうことがあります。インターネット回線を使ったVPNの場合、インターネットのトラフィックに影響され、それが顕著に現れてしまうことがあります。当然のことながら、通信が不安定になることは歓迎すべきことではありません。

そこで、安定した通信品質を確保するために、ヤマハルータに備わっている「QoS」という機能を前回紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。

とはいえ、インターネット側のトラフィックは、VPNユーザーが直接コントロールできるものではありません。QoSは、そのインターネット側のトラフィックの影響を少しでも改善するための機能なのですが、VPNユーザーが直接的に改善できる部分もあります。それは、VPNルータそのものの処理能力の向上です。

今回は、VPNルータの処理能力について紹介しましょう。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]