編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

2018年度の年間売上は昨年比46%増収となりました。

Vuzix Corporation

From: ValuePress!

2019-03-18 10:00

OEMを含むスマートグラスの売上高は昨年比33%増加しました。



エンタープライズとコンシューマー向けにスマートグラス、AR(拡張現実感)技術のリーディングサプライヤーであるVuzix Corporation (ビュージックス コーポレーション、Nasdaq: VUZI、東京支店長:藤井 慶一郎)は、2018年12月31日締めの2018年第4四半期と2018年、年間の業績を報告いたします。


2018年第4四半期のハイライトと開発案件


•2018年12月31日に終了した第4四半期の売上高は昨年比24%増加しました。

•OEMを含むスマートグラスの売上高は昨年比33%増加しました。

•今期の粗利益は0.3百万ドルで、昨年の同時期は-0.3百万ドルでした。

•産業向けM300XLスマートグラスを主要顧客に販売開始しました。

•Six15 Technologiesとの間で契約が改正され、弊社は、警察・消防などのファーストレスポンダー、警備会社、防衛向け商品供給会社、および軍事市場に直接販売することが可能になりました。

•シンガポール チャンギ国際空港におけるスマートグラスを利用した地上支援業務を行うSATS社からM300の追加注文を受領いたしました。

•AccuWeatherや Yelpなどのパートナーシップにより、人気アプリケーションがVuzix Bladeスマートグラスに今後提供されます。

•世界のTier-1航空宇宙関連企業に商用化されたアビオニクスウェーブガイドベースのヘッドマウントディスプレイ(HMD)システムを納入しました。 現在、この顧客との間で2019年に開始予定の後続開発プロジェクトの交渉中です。


開発の近況報告


•Verizon社と3年間のマスターリセラー契約を締結。 Verizon社は、Vuzix M300XLスマートグラスとMシリーズ関連アクセサリ、Vuzix BladeスマートグラスとVuzix Basics Videoを含むVuzixスマートグラス製品を再販いたします。 2019年第2四半期には、Verizon社とのマスターリセラー契約に基づいて注文の受領を開始する予定です。

•クアルコム社のXR1搭載の産業向けM400スマートグラスが2月下旬にMWCで発表されました。 Android 8.1をOSとし、USB-C接続を提供し、ほぼすべての主要機能を網羅し、多くのハードウェアを改良したM400は、市場で革新的で強力な産業向けのスマートグラスになります。

•プロシューマー向けのBladeの出荷が開始されました。日本を含む世界35カ国への認証を取得しております。

•Dynabook社から約100万ドルのOEM、産業向けM300-Cスマートグラスを受注しました。製品納入は2019年第2四半期に行われる予定です。


次の表は、2018年および2017年12月31日に終了した四半期および各年度について、当社の要約連結損益計算書データの要約要素をそれぞれ比較したものです。


[資料: (リンク ») ]


詳細は下記の英文リリースをご覧ください。

(リンク »)


---

Vuzix Corporationについて


VUZIXはコンシューマー、コマーシャルおよびエンターテインメント市場における、ビデオアイウェアとスマートグラス製品の大手サプライヤーです。

同社の製品はポータブルで高品質な視覚体験をユーザーに提供するパーソナルディスプレイ機器や仮想現実や拡張現実用のソリューションを提供ウェアラブルコンピューティング機器があります。

VUZIXは、ビデオアイウェアの分野で144件の特許ならびに特許申請中と多くの知的財産を所持しています。

同社は、コンシューマー・エレクトロニクス・ショーの「Innovation Award」を2005年から2019年までさまざまなワイヤレステクノロジ関連のアワードを受賞しています。

1997年創立のVUZIXは、米国NASDAQ市場に上場する企業(Nasdaq: VUZI)であり、ロチェスター(ニューヨーク州)、オックスフォード(英国)、バルセロナ(スペイン)および東京(日本)に拠点を置いています。


製品名および会社名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]