編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

改めてGoogleが提唱するContents is KINGを考えてみる

ディーアイエスソリューション株式会社

2019-03-19 08:00

ディーアイエスソリューションは吉政忠志氏のコラム「改めてGoogleが提唱するContents is KINGを考えてみる」を公開しました。 興味がある方はご覧ください。
###
こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日はGoogleSEO対策の基本中の基本を書きます。

「Contents is KING(コンテンツ・イズ・キング)」とは

「Contents is KING(コンテンツ・イズ・キング)」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?Webビジネスを志している人であれば、絶対に知っておきたい言葉です。これはGoogle社が検索順位を決める重要なコンセプトです。「直訳すればコンテンツが王様」ということです。もう一段分かりやすく説明すれば、「検索者にとって一番いいコンテンツを検索順位の上位にあげる」ということです。

Googleの最大のお客様は検索者です。(最近は広告主になりつつありますが、基本は検索者です)その検索者がGoogleで検索してみて良いコンテンツが表示されないと検索者はGoogleから離れてしまうため、Googleの屋台骨が揺らぐということなのです。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]