危険にさらされる何百万ものAndroid用UC Browserユーザー

株式会社Doctor Web Pacific 2019年04月03日

Doctor Webのマルウェアアナリストは、人気のUC Browser内に隠された機能が潜んでいることを発見しました。モバイルデバイス上に疑わしいコードをダウンロードし、それを実行するというものです。このアプリケーションはGoogle Playサーバーを迂回して補助ソフトウェアモジュールをダウンロードすることができます。悪意のあるものを含むあらゆるコードをAndroidデバイスにダウンロードすることが可能であることから、これはGoogle社のルールに違反するものとなり、深刻な脅威であるといえます。

###

現時点で、UC Browserは5億人を超えるGoogle Playユーザーによってダウンロードされています。このソフトウェアをインストールしたユーザーは誰でも危険にさらされる可能性があります。Doctor Webはこの度、UC Browserにはインターネットから補助コンポーネントをダウンロードする隠れた機能が存在するということを発見しました。このブラウザはC&Cサーバーからコマンドを受け取り、新しいライブラリやモジュールをダウンロードします。これらのライブラリやモジュールは新しい機能を追加したりフトウェアを更新したりすることができます。

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

株式会社Doctor Web Pacific

株式会社Doctor Web Pacificの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]