日本人ユーチューバー、台湾・桃園の大渓を旅するヒントを公開

Department of Tourism, Taoyuan 2019年04月11日

From 共同通信PRワイヤー

日本人ユーチューバー、台湾・桃園の大渓を旅するヒントを公開

AsiaNet 78208(0586)


【台北(台湾)2019年4月11日PR Newswire=共同通信JBN】
*桃園市政府が荷物のスルーチェックインと大渓高速バス運行を開始、深く掘り下げた旅を促進

2018年、200万人の日本人旅行者が台湾を訪れた。その拠点である桃園市は、便利なロケーションにあるだけでなく、食料資源も豊富である。歴史的な背景を持ち、日本人旅行者の共鳴を呼び起こした多くの魅力を持つ。そのうちの1人が日本人ユーチューバーのさゆりん(Sayurin)氏である。

最近、さゆりん氏は桃園市政府観光局とのコラボレーションにより同氏の大渓旅行体験を動画ブログSAYULOG( (リンク ») )で公開した。台湾の桃園市に位置する大渓では、生活の伝統的な側面と現代的な側面が独創的に融合している。これは、さゆりん氏を引き付け、思いがけない発見に「もう1度来たい!」と驚嘆させるものでもある。

Photo- (リンク »)

旅でさゆりん氏は、大渓木芸生態博物館、齋明寺、李騰芳旧宅、大渓老茶廠など100年の歴史のある記念建造物を見学し、有名な豆腐干、伝統的な香りの良いライスプディングを味わい、大渓老街(大渓の古い街)で職人が花生糖(ピーナツ・ブリットル)を作るのを見た。彼女はまたライトアップされ輝く大渓橋や地下に隠された昔の洗濯場など、台湾人もあまり知らない、街の秘められた面を求めて夜の大渓に繰り出した。大渓豆腐干まつりでの伝統的なパレードの陣形はもう1つの特別な目玉だった。

さゆりん氏は「桃園は空港がある場所というだけではない。探訪してとても楽しいものがある。本当に私が想像した以上だ!」と述べた。

大渓に加えて、小烏来、石門水庫(石門ダム)、慈湖、角板山のいずれも桃園で有名な観光名所である。3月の大渓豆腐干まつりと同様に、これらの場所にも、4月の龍岡ライスヌードル祭りや石門ダム熱気球カーニバルなどのユニークな祭りがある。

2017年のTaoyuan Metro(桃園メトロ空港線)の開業以来、桃園への訪問はかつてないほど便利になった。外国からの観光客は市中心部へ直接アクセスでき、バスに乗り換えて龍潭、大渓、慈湖および他の観光名所へ行くことができる。

桃園市政府はまもなく、Taiwan Tourist Shuttle Serviceの一部として荷物のスルーチェックイン・サービスと大渓高速バスの運行を開始する。利便性の向上は、外国人による桃園をさらに深く掘り下げた旅に弾みを付けることが期待される。世界中の友人が旅行と地域文化を経験することを歓迎する。

Taoyuan Travel: (リンク »)
Taoyuan Metro: (リンク »)
Taiwan Tourist Shuttle Service - 501 Daxi Express(慈湖線):
(リンク »)

ソース:Department of Tourism, Taoyuan

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]