OPPO Renoシリーズ正式発表 誰でもクリエイターに

オッポジャパン株式会社 2019年04月11日

From Digital PR Platform


【2019年4月10日、上海】革新的なデザインとテクノロジーで業界をリードするスマートフォンブランドであるOPPOは、4月10日に上海で「想像、より近く」と題した記者発表会を開催し、Renoスタンダード版及びReno 10倍ズーム版を含むRenoシリーズの詳細を発表しました。Renoシリーズは最新のフルスクリーンと一体化デザインを採用し、Reno 10倍ズーム版ではさらに10倍ハイブリッドズーム技術のカメラを搭載し、無限の創造力でOPPOの新たな10年を切り拓きました。

(リンク »)

細部に至るまでの究極のデザイン,秩序ある美学を演出
美はすべてを凌駕します。RenoシリーズはOPPOの新たな10年の先陣として、デザインを再定義し、細部に至るまで創造性に溢れたデザインで、Renoシリーズに今までのスマートフォンにない姿を与えました。Renoシリーズは美しさとデザインを一体化し、秩序ある美学を演出しています。

Renoシリーズの画面はフルスクリーンで統一されています。Renoスタンダード版は6.4インチのOLED、Reno10倍ズーム版は6.6インチのOLEDを搭載しています。画面下部の幅は僅か3.5mmで、端末のスクリーン比93.1%を実現しています。それによってユーザーはベゼルなどに視線を邪魔されずに楽しむことができます。さらに、Renoシリーズは最新の発光材を使用し、DCI-P3色域を完全カバーすることでスクリーンがより鮮やかかつ省エネルギーとなりました。スクリーンはCorning® Gorilla® Glass 6を使用し、今までのスクリーンより耐久性が向上し、フルクリーンによる映像体験を存分に楽しめます。

背面の設計では、OPPOは革新的なリアカメラを背面ガラスの下に配置することで、従来のスマートフォンのような凸凹がなくなり、隙間なく一面の3Dガラスでできるようになりました。曲線も手のひらにフィットし非常に持ちやすくなっています。Renoシリーズは最新のグラデーション技術を使用し、3Dグラデーションでより階層のあるカラーリングを実現しました。オーシャングリーンとサンセットローズでは初めてAGマットフィニッシュ加工を施すことで、大自然の色をリアルに表現しました。

(リンク »)

Renoシリーズ、隙のない正面と背面のデザイン
Renoシリーズは、OPPOの創造力を結集し細部に至るまでデザインした、美しさと機能性を一体化した隙のない外観となっています。OPPO RenoシリーズはFind Xの“生命力がある美しさ“という製品概念を継承し、革新的な斜め上にリフトアップする構造のフロントカメラ、ライト、フラッシュを端末内部に隠し、必要な時に僅か0.8秒でスライドアウト、静かな夜でも音が聞こえない位動作が滑らかです。また、Renoは最新のディスプレイ指紋認証技術を搭載し、認証精度を20-30%、解除速度も28.5%向上しました。

(リンク »)


10倍ハイブリッドズーム技術でリアルな鮮明さを創造
OPPOは従来からカメラ性能に力を入れています。Renoスタンダード版では4800万画素のSonyのイメージセンサー IMX586を搭載し、4in1のピクセル集約に対応しています。そして1.6μmのピクセル、1/2.0受光面積、f/1.7アパチャーの組み合わせできれいな夜景撮影ができます。グレードアップした「ウルトラナイトモード2.0」によって、ノイズ除去と技術やHDR技術などを複合的に組み合わせることにより大幅に画面の明るさと見やすさを向上しました。Reno10倍ズーム版ではAIエンジンを搭載しており、ナイトモードでの写真の処理時間を大幅に短縮し、僅か2-3秒で撮影ができます。Renoシリーズは、これらのハードウェアとソフトウェアの総合的な運用によって、簡単に色鮮やかかつリアルで色調もはっきりした高品質な写真を撮影できます。

(リンク »)


Reno 10倍ズーム版では初めて10倍ハイブリッドズーム技術を搭載し、4800万画素のメインカメラ+1300万画素の潜望鏡望遠レンズ+800万画素の広角レンズの三つの焦点距離の違うレンズの組み合わせることで16mm―160mmの焦点距離区間をカバーし、撮影シーンにさらなる可能性を提供できるようになりました。

Reno 10倍ズーム版 撮影シーンにさらなる可能性を提供
10倍ハイブリッドズーム技術は、テレフォト、超広角、メインカメラの3レンズで構成されるトリプルレンズカメラ構造など、業界をリードするカメラ仕様により実現した新しい技術です。ユーザーに一層の価値を提供するために、OPPOはメインカメラとテレフォトの両方のレンズにOIS(光学式手振れ補正)を実装することで、高度な手ぶれ補正精度を実現しました。ユーザーを自分が撮影したい周囲の世界により近づけ、絶好の撮影チャンスを失うことがないようにします。

映像は従来からOPPOの核心的戦略です。ハードウェアとアルゴリズム以外にも、ユーザーにより自己表現できるよう、簡単に良い写真を撮れるようにサポートしていきます。OPPOは世界を代表する国際的な写真家グループであるMagnum Photosと提携し、OPPO x Magnum映像創造力プロジェクトを始動し、世界中のスマートフォンユーザーによりプロフェッショナルかつオープンなコミュニケーションプラットフォームを提供します。

ハードウェアとソフトウェアで、没入感があるゲーム体験
OPPOはゲーム体験の向上にも注目をし続けています。Renoシリーズではハードウェアとソフトウェアの進化を遂げ、ユーザーに没入感があるゲーム体験を提供します。
ハードウェアではQualcomm Snapdragon 855モバイルプラットフォームを搭載し、最大8GB+256GBのメモリーの組み合わせに対応しています。アップグレードしたCPUとメモリーは大型ゲームの需要に十分対応できます。また、4065mAhのバッテリーと充電時間を23.8 %以上短縮したVOOC3.0で、バッテリー持ちの心配もいりません。さらに、Reno 10倍ズーム版では水平リニアモーター、ヒートパイプ水冷システム、ステレオスピーカー、マルチマイクなどのハードウェア機能により、細部に至るまでユーザーのゲーム体験を向上しました。
Renoスタンダード版はQualcomm Snapdragon 710モバイルプラットフォームを搭載し、6GB+128GB/256GB、8GB+256GB版で提供します。また、3765mAhのバッテリー及びVOOC 3.0も搭載しています。

ソフトウェア面では、RenoシリーズでアップグレードしたGameBoost2.0を搭載し、Frame Boost、Touch Boostという二つの機能を追加しました。Frame Boostではシステムリソースへの需要を判断し、より合理的にシステムリソースを配置することができます。Touch Boostはタッチスクリーンの精度を大幅にアップし、ユーザーによりよいゲーム体験を提供します。

OPPO Renoシリーズは新しいColorOS 6を採用しました。ColorOS 6では、UI、色彩、フォントなど様々な調整を行ったことで、フルスクリーンでユーザーにより素晴らしい体験を提供します。また、Breenoパーソナルアシスタントも搭載し、ユーザーの利便性が向上しています。その他に、Dolbyフルサウンド+OSIEスーパークリアビジョンの組み合わせで、今までにない視聴体験を提供します。ほかに、NFC機能も搭載し、スマートフォンが交通カードの代わりになります。中国銀聯と提携したサービス、OPPO Payもこれから公開予定です。

またOPPOはTencent Videoと提携し、中国国内ではじめてTencent HDRコラムに対応できるスマートフォンメーカーとなりました。ユーザーはRenoシリーズでTencent HDRコラムにHDR10技術の映画館レベルの映像サービスを楽しめます。

Reno シリーズ発売情報
2999元(約4万9600円)から4月19日より正式発売
OPPO Renoスタンダード版はオーシャングリーン、ジェットブラック、サンセットローズ、サンセットパープルの4色展開で、6GB+256GBモデルが3299元(約5万4600円)、8GB+256GBモデルが3599元(約5万9600円)となっています。4月19日よりOPPOホームページ、JD.com、Tmallなどオンラインサイト及び実店舗で同時出荷されます。OPPO Reno 10倍ズーム版はオーシャングリーン、ジェッブラックの2色展開で、8GB+256GBの構成で価格は3999元 (約66200円)です。Reno 10倍ズーム版は五月初旬に発売される予定です。

そしてOPPOユーザーの特典として、4月11日より従来のOPPOスマートフォンを持っているユーザーは全国のOPPO店舗でReno優先整理券をもらえます。さらに最高400元(約6620円)のキャッシュバックを還元する下取りキャンペーンも開催します。

また、OPPOが中国国内で初めて販売する5G対応の端末としてReno 5G版について、5月よりOPPOユーザーを対象とした長期間のテストユーザーの募集も予定しています。


OPPOについて
OPPOはカメラフォンブランドとして、アジアや欧州、アフリカ、オセアニアなど30の市場のあらゆる世代の方に楽しんでもらっています。OPPOはこの10年の間、カメラフォンの製造に注力しており、画期的なモバイルの撮影技術を革新してきました。OPPOは、セルフィーのビューティフィーケーション機能の提供を時代に先駆けて始めた最初のスマートフォンブランドとして5MPと16MPのフロントカメラを搭載したスマートフォンを提供しました。またOPPOは、UltraHD対応、回転式で5倍ズーム対応のデュアルカメラを搭載した初のスマートフォンも提供しています。OPPOのスマートフォンは、Counterpointの2017年Q3の調査でアジア第1位、IDCの調査でグローバル第4位にランクインしており、今日では優れたスマートフォンでの撮影体験を世界中の方々に提供しています。


オッポジャパン公式WEBサイト: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
Facebook: (リンク »)
InstaGram: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]