第3回「『楽しみになる朝食』料理コンテスト」開催 三井ガーデンホテル22ホテルが朝食の質を競う

三井不動産株式会社 2019年04月15日

From Digital PR Platform


株式会社三井不動産ホテルマネジメント(所在:東京都中央区日本橋)は、ホテル選びの決め手として大きな要素となっている「朝食」の、より一層の強化を図るべく、「『楽しみになる朝食』料理コンテスト」を開催しています。このコンテストは、三井ガーデンホテルズ22ホテルの各シェフが、その地域の特性に合った新メニューを出品し、審査を行うものです。コンテストを開催することで、チェーン全体の朝食の質を高め、さらなるお客様満足の向上を図っています。

3回目の実施となった今回は、「ご宿泊のお客様による実食審査」に加え、「Facebookによる見た目審査」を導入しました。審査の結果、1位~3位(Gold・Silver・Bronze)と特別賞を決定いたしました。コンテストに出品されたメニューは、各ホテルにて2019年6月30日まで朝食メニューとしてご提供いたします。

(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)

【第3回「楽しみになる朝食」料理コンテスト】開催概要
開催概要:
各ホテルの調理スタッフが、その地域の特性に合ったおすすめメニューを出品し、お客様による実食審査を経て、賞を選出。
フォトジェニック賞のみFacebookによる見た目審査から選出。
料理提供期間:
2019年6月30日(日)まで 
審査方法:
(1)ご宿泊のお客様による実食審査(朝食付でご宿泊されたお客様が、宿泊先のホテルの料理を実食審査)
「味・見栄え・アイデア」の3項目を「良い・普通・悪い」で評価していただく
(2) 三井ガーデンホテルズ公式Facebook内のページによる見た目審査(フォトジェニック賞のみ)
エントリーメニュー画像から実際に食べてみたいメニューを投稿していただく
詳細:
三井ガーデンホテルズ 公式Webサイト  (リンク »)

■三井不動産ホテルマネジメントグループについて
三井不動産ホテルマネジメントグループは、「三井ガーデンホテルズ」を全国に23ホテル(6,196室)運営しており、2019年には銀座・新宿(神宮外苑)・京都・福岡に、2020年には六本木・水道橋・札幌・京都・福岡・台湾に新規ホテルを開業いたします。
また2017年に誕生した新ブランド「ザ セレスティンホテルズ」を3ホテル(504室)運営しており、「三井ガーデンホテルズ」と「ザ セレスティンホテルズ」を合わせると、今後のグループ運営客室数が9,000室超となる予定です。
「記憶に残るホテル」「感性豊かなお客様の五感を満たすホテル」という理念・ホテルコンセプトのもと、デザイン性の高さと機能性を備えた滞在空間に、ホスピタリティ溢れるサービスを提供しています。

(リンク »)

(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

三井不動産株式会社の関連情報

三井不動産株式会社

三井不動産株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]