◆関西大学が「世界本とバラの日 in 大阪」を開催◆学長&学生が指定書籍購入者に青いバラをプレゼント

関西大学 2019年04月16日

From Digital PR Platform




関西大学ではこのたび、「本の日」とされる4月23日に、本学が取り組んでいる読書啓発運動の一環として、青いバラ企画「世界本とバラの日 in 大阪」をMARUZEN&ジュンク堂書店梅田店にて実施します。




【本件のポイント】

・学生が作成した「本の帯」付き書籍を購入した方に、学長&学生がサントリーの青いバラをプレゼント
・4月23日は、「世界本の日」&「愛する人に本やバラを贈る日」(サン・ジョルディの日)
・学内で取り組んでいる読書啓発運動を学外にも広げ、読書の意義を社会にも発信


■「関大発→梅田行」。広がる読書啓発運動
 本学では、丸善雄松堂、編集工学研究所、丸善ジュンク堂書店と連携し、編集術の習得を通じて本の魅力と触れ合う学習支援講座「書評のススメ!」を2018年秋に実施。同講座のなかで作成した「書評」や「本の帯」は、2019年1~2月にMARUZEN&ジュンク堂書店梅田店での展示販売に活用されました。また『新入生に贈る100冊』と題して、学長と大手書店の推薦書籍をまとめたパンフレットを制作し、学生に配付するなど、若者の活字離れを防ごうと様々な読書啓発を展開しています。


■ 日本ではあまり知られていない「世界本の日」。本格的なイベントは業界でも初!
 今回の「青いバラ」企画も上記活動の一環で、ユネスコが指定する読書記念日「世界本の日」&スペイン・カタルーニャ地方に伝わる「愛する人に本やバラを贈る日」(サン・ジョルディの日)である4月23日の意義を社会に発信します。この「本の日」は実は日本ではあまり認知されておらず、書店業界でも本格的なイベントは実施されておりません。当日は、MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店1階に特設コーナーを設置し、学生が作成した「本の帯」付き書籍を展示。当該書籍を購入した方(先着100名)に、芝井学長と学生がサントリーの「青いバラ」をプレゼントします。


■ 自然界には存在しなかった「青いバラ」
 サントリーの研究開発チームによって、2002年に世界初となる青いバラが誕生。花言葉を従来の「不可能」から「夢かなう」に変えた奇跡のバラの誕生は、世界中でも大きな話題となりました。


< 青いバラ企画「世界本とバラの日 in 大阪」の概要 >
【日 時】 4月23日(火)13:00~14:00 
【場 所】 MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店 1階「新刊・話題書の棚」の特設コーナー
【協 力】 丸善雄松堂、丸善ジュンク堂書店、関西カタルーニャセンター、サントリーフラワーズ
【備 考】
・学長および学生が店頭に立つのは上記時間のみですが、14:00以降もバラの在庫がある限り、閉店時間の22:00まで同企画は続行します。
・学生作の「本の帯」は、5/6(月・祝)まで同店舗で使用されています。


▼本件の詳細▼
・関西大学プレスリリース
  (リンク »)

▼メディア関連の方▼
※取材をご希望の方は、お手数ですが、下記お問合せまでご連絡をお願いいたします。

▼本件に関する問い合わせ先
総合企画室 広報課
寺崎、浦田
住所:大阪府吹田市山手町3-3-35
TEL:06-6368-0201
FAX:06-6368-1266
メール:kouhou@ml.kandai.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]