2万5000の出品者が第125回広州交易会に持続可能な機会をもたらす

広州交易会(Canton Fair) 2019年04月17日

From 共同通信PRワイヤー

2万5000の出品者が第125回広州交易会に持続可能な機会をもたらす

AsiaNet 78347 (0643)


【広州(中国)2019年4月16日PR Newswire=共同通信JBN】
第125回中国輸出入商品交易会(広州交易会)(China Import and Export Fair(Canton Fair))は、国内外から51製品区分にわたって2万5000以上の出品者を広州にもたらす。

(リンク »)

118万平方メートルのスペースを確保し、今年の交易会はグローバル企業に独創的な革新と新たな機会を示して、最新の製品数も30%増加する見通しだ。中国の「一帯一路構想」(BRI)関係諸国の企業は、国際パビリオンで自社の最新製品を紹介する。

広州交易会のスポークスパーソンで、中国対外貿易センター次長のシュ・ビン氏は「広州交易会は、知的財産保護、自社ブランド、ハイテク製品や付加価値製品を実演するマーケティング能力を伴うより多くの企業を歓迎している」と述べた。

世界規模の売買を可能にするため、交易会はAIテクノロジーとビッグ・データを使用し、ソーシャルメディアとサーチエンジンに重きを置いたグローバルマーケティングを開始して、販売促進におけるイノベーションに拍車をかける努力をしてきた。一方、最新の貿易傾向や政策動向に従い、広州交易会は20以上のフォーラムおよび50の製品デモとビジネスマッチング・セミナーを開催する。

ハイライトには以下が含まれる:

*2019年Canton Fair International Market Forumは、両国間の国交70周年で中国とロシアの戦略的パートナー促進に焦点を当て、中ロ経済・貿易協力統合を推進する。
*Global Cooperation Networking for International Pavilionは、国内企業と国際企業の間で事業参加と資源交換を促し、広州交易会が貿易プラットフォームとして大湾岸圏にもたらす機会にハイライトを当てる。

持続可能な開発を推進する広州交易会の試みには、国内企業のための貧困緩和も含まれる。低開発地域の700社を超える企業に無料の展示スペースが提供され、テーマのある販促イベントにも招待され、国際的な市場に地域の特産物を紹介して世界のバイヤーに対して新たなマーケットオプションを作り出している。

詳しい情報は、 (リンク ») を参照。

▽広州交易会について
中国輸出入商品交易会(広州交易会)は毎年春と秋の2回、広州で開催される。1957年の開催以来、交易会は今や最も長い歴史、最高のレベル、最大のスケール、最大の製品数およびバイヤー出身地の最も広域な分布と中国最高の成約額を持つ総合的な展示会である。

ソース:Canton Fair

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]