GDEPアドバンス、インテル(R) Xeon(R) Scalable Processor ファミリー(R) 搭載8GPUサーバーモデルの受注を開始

株式会社GDEPアドバンス 2019年04月22日

NVIDIA(R) のエリートパートナーである株式会社GDEPアドバンス(本社:東京都港区、代表:飯野匡道、以下 GDEPアドバンス)は、ハイエンドディープラーニング用サーバー「MAS-621SV4U/8X」の発売を4月22日(月)より開始します。

Intel Xeon 新プロセッサ Cascade Lake-SPに対応した「MAS-621SV4U/8X」は、新たにVNNI(Vector Neural Network Instructions)と呼ばれるAVX512の拡張命令に対応し、従来世代よりもよりディープラーニング/マシンラーニングの処理が高速になる「Intel Deep Learning Boost」などの新機能が搭載されています。
最大14基のストレージを搭載可能で、今回から新たにNVMeモデルも追加されており、冗長性を確保した構成や、高速大容量のテンポラリー領域の実現など柔軟な使い方が可能です。
GPUには実績のあるTESLA V100やQuadro GV100を最大8枚搭載可能で、マルチGPU搭載時の安定動作を前提とした機構設計は、国内外の企業やデータセンターで多数の導入実績を誇る前モデルをさらにブラッシュアップしています。
また、外部インターコネクトとしてMellenox社ConnectX4、X5 HCAをオプション搭載可能で、外部ストレージや拡張性にも配慮された設定です。(NVMeモデルは非搭載)
開発環境は、GDEP製ハードウェアで利用可能なGPUソフトウェアバイナリコレクション「GDEP G-Works(以下G-Works)」を搭載しており、Deep Learningに使用される主要なフレームワークを、各世代のNVIDIA GPUに最適化してビルドされています。
GDEPアドバンスのハードウェアを利用のユーザーは、継続的にリリースされる「G-Works」を必要に応じてインターネットを通じてダウンロードし利用することが可能です。環境構築に掛かる手間と時間を大幅に削減することができます。
なお、オペレーティングシステムはUbuntu Linux、CentOS Linuxを予定しており用途に応じて選択できます。

株式会社GDEPアドバンスについて
(リンク »)
株式会社GDEPアドバンスは、「その仕事にアドバンテージを」コンセプトに、GPGPUをはじめとするアクセラレーターやオーバークロックワークステーション、ライブラリやコンパイラ、ソースコード解析から受託開発に至るまで、仕事や研究を加速するための手段を総合的に提供するAIとHPCのシステムインテグレーターであり、NVIDIA社パートナー認定制度「NPN(NVIDIA Partner Network)」において日本初のエリートパートナー及び、日本初の「ATP(Advanced Technology Partner)」として活動しています。


※NVIDIA、NVIDIAロゴは、米国NVIDIA Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。
※記載されている情報はリリース時点のものです。予告なく仕様、価格を変更する場合や販売終了、延期となる場合があります。

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]