Digi ConnectCore 8X開発キットの出荷を開始

要求の厳しいIoT環境専用のDigi ConnectCore 8Xは、コネクテッドインテリジェントデバイスを構築するすべて揃ったセキュアなシステムプラットフォームを提供

ディジ インターナショナル株式会社 2019年06月05日

IoT(Internet of Things)コネクティビティ製品・サービスプロバイダであるディジ インターナショナル株式会社(本社・渋谷区)はこのほど、「Digi ConnectCore 8X開発キット」の提供を開始しました。

ディジ インターナショナルは、エッジインテリジェント製品を開発するデバイスメーカー向けのコネクテッドシステムソリューションのコンセプトとして、LinuxとAndroid対応の高性能かつセキュアで費用対効果の高い、すぐに使えるシングルボードコンピュータ(SBC)「Digi ConnectCore 8X」を提供しています。開発キットは、ハードウェア対応だけでなく、Software-Definedコネクティビティソリューションを提供するというDigiの公約を実行し、広く入手可能です。

Digi ConnectCore 8Xは、柔軟性と性能を犠牲にすることなく、カスタムボード設計の従来のリスクや労力、複雑さを排除することで、タイム・ツー・マーケットを短縮しつつクラウドとエッジコンピューティングサービスのインテグレーションを提供します。このほかの主な機能は次のとおりです。
● インダストリアル向けi.MX 8XクアッドコアSOMおよびSBCプラットフォームファミリ
● オンボードデュアルバンドアンテナオプション、USBコネクティビティ、Digi XBee RFコネクタ、セルラーコネクティビティオプションを搭載したコンパクトなフォームファクタ
● マルチディスプレイ/カメラ、オーディオ対応
● 外部ストレージ拡張コネクタ
● 低消費電力設計を実現するハードウェアとソフトウェアの両方に対応したパワーマネジメント機能
● セキュアブート、暗号化ファイルシステム、ポートプロテクションを備えたビルトインのDigi TrustFenceセキュリティフレームワーク

■開発キットの提供
Digi ConnectCore 8X開発キットは現在、評価・テスト用に入手可能です。本キットには、デュアルイーサネット搭載ConnectCore 8X SBC Pro、コンソールポートケーブル、電源、2つのデュアルバンドアンテナが含まれています。
詳細については、 (リンク ») をご参照ください。

このプレスリリースの付帯情報

Digi ConnectCore 8X開発キット

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]