対話型IVRを開発致しました!

株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー 2019年06月07日

利用したコールセンターのサービスに対する不満の一つとしてよく上げられるのがIVRです。

不満の理由として「音声応答システムでの番号入力」と答えた人は全体の29%(コールセンター白書2018)にも上ります。

しかし、対話型IVRを利用すれば、IVRのオプションが読み上げられる中、顧客が受話器を手にどれに該当するのか悩んだり、長く待たされる必要はなくなります。

この機能により、待機時間や放棄呼の減少が期待できます。ボットと顧客の会話をオペレータが文字で確認できるので、より適切な返答が可能になり、オペレータも安心して対応できます。

弊社では対話型IVRを開発し、コールセンターのみならずIVRを利用するあらゆる業種のお客様にご提供しておりますが、大変好評いただいております。

詳しくはこちらをクリック→ (リンク »)

【本製品に関するお問い合わせ】
株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー
マーケティング部 吉田

〒239-0847 神奈川県横須賀市光の丘3番4号 YRPセンター1番館 508号室
Tel: 046-821-3362(代)
Email: marketing@cba-japan.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]