「Oracle CloudでKUSANAGIを動かしてみた」第2回(小澤昌樹氏)

プライム・ストラテジー株式会社 2019年07月17日

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「「Oracle CloudでKUSANAGIを動かしてみた」第2回(小澤昌樹氏)」を公開しました。

###

1. はじめに
前回より始まりました「Oracle CloudでKUSANAGIを動かしてみた」の2回目です。前回は、パブリッククラウドサービスの「Oracle Cloud」についてざっくりと紹介しました。多様なサービスがあることに驚きましたね。さて、今回は、Oracle Cloudの課金システムについて説明し、アカウント登録へと進んでいこうと思います。
2. Oracle Cloudの課金システム
Oracle Cloudの課金システムは、ユニバーサル・クレジットという仕組みを利用しています。ユニバーサル・クレジットには、主に次のような支払方法があります。
Pay As You Go(従量課金)
利用した分だけ翌月に請求される完全従量制の支払い方法です。多くのパブリッククラウドサービスで採用されているのでおなじみですね。
使用するサービスが特定されていないとか、実際の使用量が見積もれていない場合には、こちらを選択します。
例えば、Standardの仮想マシンインスタンス(1CPU、メモリ8G)を使用する場合、Pay As You Goは、3.6円/時間なので、31日間、24時間稼働を続けると、2678.4円となる計算です。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]