Aluminium ChinaとLightweight Asia 2019はアルミニウムの応用に引き続き推進

Reed Exhibitions China 2019年07月03日

From 共同通信PRワイヤー

Aluminium ChinaとLightweight Asia 2019はアルミニウムの応用に引き続き推進

AsiaNet 79481


【上海2019年7月2日PR Newswire】Reed Exhibitionsの主催により7月10日から12日までに開催されるAluminium ChinaおよびLightweight Asia 2019では自動車、建設、輸送、航空宇宙、耐久消費財各産業の開発と製品に関わるグリーン製造トレンドを探ることによりアルミニウム産業の新たな展開を披露する。

アルミニウムにより、白物家電など消費型電子製品の繁栄を牽引する

近年、より消費者の好みや美的要求を対応するため、家電製品の部品分野でプラスチックの代わりにアルミニウム合金の使用が広範囲に普及してきた。その結果、国内コンシューマーエレクトロニクス(家電)市場のアルミニウム製品の販売量はこの需要の増加とともに増え続けると予想されている。

今年のAluminium Chinaでは、フォーラムの1つであるAppearance and Application of Aluminium Alloy in Consumer Electronics(コンシューマーエレクトロニクスにおけるアルミニウム合金の外観と応用)で、その将来における発展の可能性に関する議論を共有することにより、市場でのアルミニウム合金の応用をさらに促進することを目指している。その議論には外観、デザイン、加工及び技術などに含まれ、Meiling、CVTE およびXivo Designなどの企業から講演者が来る予定である。

アルミニウムがパッケージング(包装)分野における持続可能な開発を支援する

グリーン開発、低炭素及び持続可能な発展に対する強い需要もまた、アルミニウム包装に対する需要の増大を加速させている。従来のプラスチックより、アルミニウム製品の使用によって、食品の安全性を確保しながら汚染も減らすことができる。
しかしながら、この業界は依然として初期コストなどのいくつかの課題に直面している。だから、効率的な生産、企業管理そして高品質の素材の使用が依然として持続可能な開発に必要とされているものである。

International Aluminium Institute(IAI、国際アルミニウム協会)、Aluminium Stewardship Initiative(ASI)、Global Aluminium Foil Roller Initiative(GLAFRI)は、「アルミニウムで未来を守る」というキーメッセージを披露するため、一つのフォーラムでこうした問題に取り組む予定だ。

Reed Exhibitionsが主催するAluminium China 2019とLightweight Asia 2019は7月10日から12日までに上海で開催される。ビジターは以下のサイトでイベントのチケットを入手できる。www.aluminiumchina.com/en またはwww.lightweightasia.com/en

▽メディア問い合わせ先
Julia Zhu
Tel: +86 10 5933 9054
Email: julia.zhu@reedexpo.com.cn

(日本語リリース:クライアント提供)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]