「WordPressのバックアップ方法、設定例もご紹介」

株式会社デジタル・ヒュージ・テクノロジー 2019年08月27日

株式会社デジタル・ヒュージ・テクノロジー(本社:東京都千代田区、代表者 鵜川 徹、以下「デジタル・ヒュージ・テクノロジー」)は吉政忠志顧問のコラム「WordPressのバックアップ方法、設定例もご紹介」を公開しました。

###
WordPressの日本市場のシェアがOSS CMSの中で94%になり、全CMSの中でも64%になりました。
もう圧倒的なシェアと言っても過言でないと思います。

このコラムを読まれている方の中にもWordPress使ってます!という方も多いと思います。

ところでWordPressのバックアップはどうやってますか?

私は心配性なので、必ず2重バックアップをしています。元バックアップベンダーの営業部長としては様々なケースを見ているので、怖さも知っています。

皆さんが知らない意外な事実として、バックアップデータがリカバリしないことがあるのです。

バックアップデータがうまくとれたように見えて、実はとれていなかったことに起因しています。同じバックアップのソリューションを使っていて、バックアップデータの世代によって、リカバリできたりできなかったりすることもまれにあります。

それゆえに私は必ず、以下のルールでバックアップを取ることにしています。

・2系統でバックアップを取る(二つのバックアップ手法を使って2種類のバックアップを取る)(例えば、イメージバックアップでOSから丸ごととるのと、データのみのバックアップの2系統など)

・各バックアップ系統で最低3世代のバックアップデータを保管する

・保管場所は最低2か所に分けて保管する(例えばローカルとクラウドなど)

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]