編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第65回 サーチエンジンのロードバランシング・アルゴリズム(パート2)

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

2019-09-13 09:00

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第65回 サーチエンジンのロードバランシング・アルゴリズム(パート2)」を公開しました。
###

はじめに
 前回に引き続き、2019年に公開された論文「Cache-aware load balancing of data center applications」を元にして、サーチエンジンのロードバランシングに関するアルゴリズムを紹介します。今回は、検索文に含まれる単語から、処理を割り当てるサーバーを選択する「TARS」と呼ばれるアルゴリズム、そして、TARSによる振り分けの結果、システム全体のキャッシュのヒット率が最大になるように、サーバー群をグループ分けする方法を説明します。
TARSのアルゴリズム

 まず、ロードバランシングの前提となる考え方として、前回の図1を再確認しておいてください。いま、サーバーA、B、C・・・は、それぞれに優先して担当する単語のグループが決まっているとします。そして、サーバーAがある単語tについてのPL(検索結果の候補となるWebサイトのID番号の集合)を取得する際に、データベースから読み込む必要があるデータ量(正確に言うと、メモリページ数)をw(A,t)とします。これは、該当データがキャッシュにあれば0で、キャッシュになければ、単語tに対するPLのメモリページ数に一致します。サーバーB、C・・・についても同様に、w(B,t)、w(C,t)・・・とします。ここでは、これらの値を「ウェイト」と呼びます。ウェイトの値をどう見積もるかは別にして、ここでは、まずは、これらの値は分かっているものとします。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]