編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

完成してみたら超遅いWebサイトなんでことはよくある。なんでそんなことになるのか。その対応方法とは。

プライム・ストラテジー株式会社

2019-10-16 09:00

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「完成してみたら超遅いWebサイトなんでことはよくある。なんでそんなことになるのか。その対応方法とは。」を公開しました。
###

喜劇のような悲劇の話であるが、完成してみたら超遅いWebサイトはよく生まれてしまう。
Webサイトの表示速度が遅いと、Googleが掲げる優良なサイトの条件に反してしまうので、検索順位は下げられてしまう。
考えてみれば当たり前だが、以下のようなWebサイトをGoogleが検索順位を下げる傾向がある。
・表示速度が遅いサイト
・検索キーワードに関連したコンテンツではない(キーワードだけ張り付いていて、内容が違うなど)
・わかりにくい・読みにくいサイト
・やたら長いサイト(昔は長い方がSEO上は良かったのだが、今はMFIというモバイルでアクセスしたときに、読みやすいか、分かりやすいかが検索順位を決めるので、長すぎるのはNGだ。誰もがスマホで長文を読みたくはないはずだ。)
なぜ上記のようなWebサイトの検索順位が下がるのか。それは、Googleという検索サービスを使ったお客様が、その検索結果であるWebページが、遅かったり、分かりにくかったり、やたら長かったりした場合、「なんだよー!Googleで検索しても良いコンテンツが検索できないじゃん」となり、Googleの検索サービスの評価が下がるからである。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]