編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

安井智志のMSクラウド導入の勘所(Office365編 改めM365編)

ディーアイエスソリューション株式会社

2019-09-26 00:00

ディーアイエスソリューションは安井智志のMSクラウド導入の勘所(Office365編 改めM365編)第2回/全3回を公開しました。
###
今回で2回目となるコラムも、Microsoft365(以下、M365)の概要を中心にお話し致しますが、今回は趣向を変えて、新人の田中くんからの質問に回答するかたちで、M365やEMSについて見ていきたいと思います。

田中くん「安井さん、こんにちは。前回のコラムを軽く拝見したのですが、正直なところ前提知識がなくてあまり理解できていません。すみません…  M365が『Office365』+『EMS』+『Windows10』のセットであることはわかったのですが、『EMS』ってどんな時に必要なものなのでしょうか?」

安井「EMSはクラウドサービス(Office365など)を利用する上で、必要な対策がセットになったものです。セットの中にまたセットがあるからややこしいですよね。

大きく、

1.認証強化(Azure AD Premium)
2.デバイス管理、(Intune)
3.ファイル保護(Azure Informaiton Protection)

の3つが含まれています。

企業がクラウドを利用する際は、1.と2.はどんな時でも必要だと思います。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]