編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

獨協大学情報学研究所が11月2日に小学生対象のプログラミング教室を開催 -- Scratchの教育的効果と可能性を検証

獨協大学

From: Digital PR Platform

2019-10-01 14:05




獨協大学情報学研究所(埼玉県草加市/所長:山田恒久)は11月2日(土)、小学生を対象としたプログラミング教室を開催。当日は、同大経済学部の堀江郁美教授が講師を務め、プログラミングツール「Scratch (スクラッチ)」を使ったプログラミングを行う。参加無料、事前申し込み不要。




 文部科学省は新学習指導要領に、2020年からプログラミング教育を小学校で必修化することを盛り込んでいる。
 これに伴い、2019年2月に文部科学省が行った調査「平成30年度教育委員会等における小学校プログラミング教育に関する取組状況等について」では、先行的にプログラミングの授業を実施している自治体数が前年度に比べ大幅に増加している(2017年度16.1%→2018年度52.0%)との結果が出ている。

 こうした中、獨協大学情報学研究所では小学生を対象としたプログラミング教室を初めて開催。プログラミングツール「Scratch (スクラッチ)」を用い、プログラミングの面白さを体感してもらうとともに、Scratchの教育的効果と可能性を検証する。
 午前のBasicコースは初めてプログラミングに触れる児童向け、午後のAdvanceコースはプログラミングに触れたことのある児童向けに実施。講師は同大経済学部の堀江郁美教授で、堀江ゼミの学生らがアシスタントを務める。概要は下記の通り。

◆小学生対象 プログラミング教室
【日 時】 11月2日(土) 午前10:30~12:00、午後14:00~15:30
【会 場】
 獨協大学 東棟E-401教室(埼玉県草加市学園町1番1号)
 ・キャンパスマップ  (リンク »)
【アクセス】
 東京メトロ日比谷線・半蔵門線直通東武スカイツリーライン「獨協大学前<草加松原>」西口より徒歩5分
  (リンク »)
【内 容】
1)10:30~12:00 Basicコース
 (10:00整理券配布、先着10名)
2)14:00~15:30 Advanceコース
 (12:30整理券配布、先着10名)
【講 師】 獨協大学経済学部教授 堀江郁美(アシスタント・堀江ゼミ学生)
【対 象】
 小学生 20名(午前 10名、午後10名)
 ※テレビやスマートフォンなどの液晶画面に慣れている小学生
【参加費】 無料
【参加方法】
 当日整理券配布(先着順)
 ・配布場所:E-401教室
【主 催】 獨協大学情報学研究所
【協 力】 獨協大学

※なお、当日は大学祭「第55回雄飛祭」も同時開催。

▼本件に関する問い合わせ先
獨協大学情報学研究所
獨協大学 経済学部 経営学科 教授 堀江郁美(ほりえ・いくみ)
住所:埼玉県草加市学園町1-1
TEL:048-942-8238
メール:horie@dokkyo.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]