編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

木製鉄道おもちゃ「moku TRAIN」に東京メトロ銀座線が仲間入り

株式会社ポポンデッタ

From: 共同通信PRワイヤー

2019-10-03 13:00

2019年10月3日

株式会社ポポンデッタ (リンク »)

木製鉄道おもちゃ「moku TRAIN」に東京メトロ銀座線が仲間入り
東京オリンピック開催中は東京の顔になる鉄道車両です

株式会社ポポンデッタ (リンク ») (本社:東京都千代田区 社長:太田和伸)は、
「moku TRAIN (リンク ») メトロ銀座線1000系」を2019年9月27日(金)に発売しました。

【画像: (リンク ») 】

今回発売した「moku TRAIN東京メトロ銀座線1000系」は、日本の鉄道を手のひらサイズの木製玩具にして好評いただいているmoku TRAIN(モクトレイン)の新たな車両ラインナップとして製作したものです。

東京の主要観光地を結ぶ銀座線は、新幹線などと同様に来年開催される東京オリンピック開催時には「東京の顔」とも言える鉄道車両になります。子供向け玩具としてももちろんですが、訪日外国人向け東京土産としての需要も期待しています。

銀座線のほか、人気の新幹線、成田エクスプレスなども好評発売中。
今後も広がるmoku TRAINワールドにご期待ください。

【画像: (リンク ») 】

取り扱い店舗
鉄道模型の店ポポンデッタ全店
ヨドバシカメラ
Amazon
その他玩具取り扱い店
在庫に関しては各店舗に直接お問い合わせください。

発売日 9月27日
品番 MOK-010
製品名 moku TRAIN銀座線1000系
JAN 4573298233369
価格 1750円(+税)
内容:3両1セット
製品サイズ:214mm×46mm×30mm

主な材質:木材

東京地下鉄株式会社商品化許諾済 JR東日本商品化許諾済 JR東海承認済 JR西日本商品化許諾済 JR九州承認済 西武鉄道商品化許諾済


参考
「moku TRAIN」について
日本の鉄道車両を木製玩具にした玩具シリーズです。子供に安心・安全な木の素材を使い、既存品のほとんどが外国の鉄道車両をモチーフにしているのに対し、日本各地の鉄道車両をモデル化しています。2018年年末より販売を開始し、シリーズ累計2万個の出荷を早々に達成。木製レールの規格は世界共通規格ですので、すでにお持ちの木製レール玩具でも遊んでいただけます。
(リンク »)

「ポポンデッタ」について
「ポポンデッタ」は鉄道模型の専門店です。現在全国に48店舗を展開。本社兼本店を秋葉原に置き、主要都市のSCを中心に出店しています。近年は鉄道模型、鉄道グッズの自社製造を開始しており、多彩な商品をリリースしています。企業理念は「鉄道模型のもつ楽しさをより多くの人にお届けし、鉄道模型の力で人と人とのコミュニケーションを活発化する」
ホームページ 
(リンク »)

以上



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]