編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

クラレ×イチマルニが初コラボ!フォトウォークのための機能性カメラバッグ【comora(コモラ)】

きびだんご株式会社

From: PR TIMES

2019-10-03 17:06

Kibidangoで、10月3日17:00~プロジェクト開始!



[画像1: (リンク ») ]

素材メーカー・株式会社クラレときびだんごによる、実験的マテリアルラボラトリー活動「ROUND OUT with Clarino」。
さまざまなクリエイターとのコラボレーションを通して、新しいプロダクトを生み出していくことを目的としています。
コラボレーション第一弾として完成したのは、大阪を拠点に活躍するバッグブランド「ichimaruni」と共同展開された、全く新しいジャンルのカメラバッグ【comora(コモラ)】です!「フォトウォーク」の相棒を目標に開発された【comora】のバッグシステムは、快適な街歩きスナップの実現を追及して設計されており、”その一瞬”を逃さないために発案されたデザインアイデアが満載。シンプルな見た目はどんな場所・人にもマッチして、カメラの持ち運びの負担を軽減します。

【プロジェクトページ】 (リンク »)

きびだんごでクラウドファンディングを実施中です。2019年10月3日17:00~支援受付開始で、目標金額100万円達成で正規販売が決定します。皆様のご支援をお待ちしております!

【comora】のここがスゴイ!


素材を活かしたシンプルなデザイン
「フォトウォーク」を考慮した機能性
バックパックとショルダーバッグの2WAY


1.素材を活かしたシンプルなデザイン

[画像2: (リンク ») ]

重くて硬く主張の強い従来のカメラバッグに反して、【comora】が醸し出すのは軽さや温もりを想起させる柔らかな雰囲気です。イチマルニの得意とする「存在感のないデザイン」による、余分な装飾を削ぎ落したシンプルなその見た目は、さまざまなシーン・服装での違和感のない利用を可能にします。

\ここがポイント/

☑丈夫で耐久性の高い「クラリーノ」を使用

[画像3: (リンク ») ]

素材に使用しているのは、クラレの人工皮革・「クラリーノ」のスウェードタイプ。限りなく天然皮革に近く、なめらかな肌触り、優美な外観、軽くて丈夫、雨や汚れに強いという素材特性を活かし、カメラをしっかりと保護します。またナイロンや帆布にはない、しっとりとした質感も特徴のひとつです。

☑軽量

[画像4: (リンク ») ]

身も、心も、軽くないと良い写真は撮れない。なので、【comora】はとことん軽量化にこだわりました。本体の重量は約495g。たくさん荷物を入れても肩に負担がかかりにくいです。

☑折りたたみ可能

[画像5: (リンク ») ]

見た目だけでなく、縫製もシンプルに必要なだけ。余計な金具を使わず緩衝材も最小限にとどめているので、小さく折り畳むことができます。

2.「フォトウォーク」を考慮した機能性

[画像6: (リンク ») ]

かばんの縁にレンズがひっかかったり、ストラップが中の物と絡まって取りにくかったり、そうこうしているうちに撮りたかったシーンが流れて行ってしまったり・・・そんな思いをすることなく、気になるものに出会ったら、すぐにシャッターを切って欲しい。今、という瞬間を逃さないための機能の数々が【comora】の強みです。

\ここがポイント/

☑大きな開閉口

[画像7: (リンク ») ]

瞬時に開閉ができるように、バッグのふた部分はフラップタイプを採用。15cm×30cmの大口設計で、カメラや他の機材を素早く取り出すことができます。

[画像8: (リンク ») ]

マグネットボタン式なので、片手でも簡単にワンタッチで開閉可能です。

☑移動する空中ポケット:円筒状ミニバッグ

[画像9: (リンク ») ]

【comora】最大の特徴が、移動する空中ポケットです。サイズの形の異なる円筒状のミニバッグが2つ付属します。

[画像10: (リンク ») ]

ミニバッグにはそれぞれホック付きのベルトが付帯してあるため、かばん内部に取り付けられたベルトと結合させることで、かばんの中の好きな位置に配置することができます。常用するカメラやレンズが入ったミニバッグを一番上にもってくるなど、用途や好みに合わせて自由にカスタマイズが可能な点が魅力です。着脱が容易で取り出しやすく、収能力も高いのでかばんの中の整理整頓を助けます。

[画像11: (リンク ») ]

またミニバッグをかばん内側のベルトに固定すると、常に底から「浮いた」状態になり、地面に置いたときなどの衝撃からカメラやレンズを護ります。

[画像12: (リンク ») ]


大小ふたつのミニバッグは、ミラーレス一眼の標準的な交換レンズやカメラボディを収納するのに最適なサイズです。WIDEサイズにはコンデジを、TALLサイズにはレンズを収納するなど、アイデア次第で多様な使い方ができます。両面の素材にはクラリーノの強く柔らかい生地を使用。デリケートなカメラやレンズ本体をやさしく包み込みます。

[画像13: (リンク ») ]

さらにかばん内部への設置のみならず、単体での利用も可能です。ペットボトルやレンズを入れてベルトに着用するなど、より早い動作が必要な時に便利です。

[画像14: (リンク ») ]

付属のミニバッグの代わりに、市販のチョークバックやダンプポーチ取り付けて使用することもできます。

☑収納ポケット

[画像15: (リンク ») ]

本体背面のファスナーポケットは、メインの収納エリアから独立しており、財布やスマートフォンを入れるのに最適です。また2つの内ポケットとミニバッグを合わせて使用すれば、カバンの中をわかりやすく整理することができます。

[画像16: (リンク ») ]

見た目以上に大容量。このかばん1つで、いつでも街へ繰り出せます!

3.バックパックとショルダーバッグの2WAY

[画像17: (リンク ») ]

バックパックとショルダーバッグの2WAY仕様なので、まずはショルダーバッグ型でさっと街に出て、荷物が増えてしまったらリュックにして背負ったりと状況、用途、気分やコーディネートに合わせて使い分けることができます。

[画像18: (リンク ») ]

それぞれの体格に合わせた調節も自由自在。リュック時には、金具位置を肩幅に合わせて調整することで、使い心地の良い位置にポジションを合わせることができます。(左:ハンドルを絞った状態 右:肩幅に合わせた状態)もちろん、ショルダーバッグ利用時のストラップの長さも調節可能です。

●カラー
[画像19: (リンク ») ]

全3種:からし、ブルー、グレー

●価格
・【超早割】:18,900円
・【早割】:19,900円
・【Kibidango 特別価格】:21,000円

・【超早割】2個セット:37,000円
・【早割】2個セット:39,000円
・【Kibidango 特別価格】2個セット:41,500円

■Kibidangoの「きびだんご海外面白商品探索部(きびたん)事業」について
クラウドファンディングサイト「Kibidango(きびだんご)」は、海外のスタートアップやクリエイターの日本進出プロジェクトを運営する事業「きびだんご海外面白商品探索部(通称:きびたん)」をスタートし、これまでに80以上の海外プロダクトを日本国内に届けてきました。海外プロダクトを日本の皆様に安心して手にとって頂けるよう、技適認証や物流、カスタマーサポートまですべて自社で行える体制を持っています。
「Kibidango(きびだんご)」 (リンク »)


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]