編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

<玉川高島屋50周年記念>写真家 遠藤湖舟の作品展を開催。玉川高島屋で10月10日(木)~14日(月・祝)まで。

株式会社高島屋

From: Digital PR Platform

2019-10-04 16:05


(リンク »)

わが街、たまがわで楽しむ芸術の秋。



〈たまがわ〉、の美。
 写真空間 by 遠藤湖舟
 
■10月10日(木)→14日(月・祝)
■会場:玉川高島屋本館6階 催会場
●入場時間:午前10時~午後7時30分(午後8時閉場) 
※連日午後8時まで、最終日は午後6時閉場。入場は閉場30分前まで。
●入場無料
(リンク »)

<たまがわ>の「空」 玉川高島屋S・Cの上空に輝く北極星 ©Koshu ENDO
 2019年11月に開店50周年を迎える玉川高島屋では、50周年記念として10月1日(火)~10月15日(火)の期間、本館各階で「TAMAGAWAアートウィークス」を開催いたします。その「TAMAGAWAアートウィークス」の代表するイベントのひとつとして、写真家 遠藤湖舟の作品展を開催いたします。
 国内外で注目を集める写真家 遠藤湖舟は、幼少期より長野県の豊かな自然に囲まれて育ちました。2003年からは縁あって、大都市東京近郊にありながら広い空と自然が多く残る多摩川の近くに居を構えることになり、その周辺に展開される<たまがわ>の美に魅了され、多くの作品が生まれました。
 本展では〈たまがわ〉で撮影された代表作に、新たに撮り下ろされた作品を加え、大型作品を中心にした40余点を展示し、遠藤が見出した美を、多彩なテーマで紹介します。

(リンク »)
<たまがわ>の「太陽」  『朝陽』©Koshu ENDO


(リンク ») 遠藤湖舟 えんどうこしゅう
1954年長野県生まれ。早稲田大学理工学部卒業。2006年より本格的に個展を開催。2015年に開催された高島屋4店の巡回個展『天空の美、地上の美。』では、約8万人の来場者数を記録。2017年には奥田元宋・小由女美術館で個展が開催され、同時期にニューヨークで個展を開催。この海外初個展で2作品がロサンゼルス・カウンティ美術館に収蔵。2018年には京都・北野天満宮で遠藤湖舟写真空間『星河悠久』を作り上げるなど、幅広く活動。スタジオは東京世田谷にあり、「身近にある<美>」というテーマを大切にしながら制作に取り組んでいる。


【同時開催】〈たまがわ〉、“ゆらぎ”の美。
■10月10日(木)→14日(月・祝)
■玉川高島屋S・C 南館6階 ホワイトモール

遠藤湖舟の“ゆらぎ”をテーマとした写真インスタレーションを展開します。
(リンク »)
<たまがわ>の「ゆらぎ」 『ゆらぎ - 水面 - 』2013 ©Koshu ENDO

※天候などの諸事情により、一部内容が変更になる場合がございます。

以上

お問い合わせ 
玉川高島屋(東京都世田谷区)TEL 03(3709)3111(代)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]