編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

デズモンド・ツツが2019年度国際子ども平和賞受賞者を発表

KidsRights

From: 共同通信PRワイヤー

2019-10-08 11:21

デズモンド・ツツが2019年度国際子ども平和賞受賞者を発表

デズモンド・ツツが2019年度国際子ども平和賞受賞者を発表:スウェーデンのグレタ・トゥーンべリ(16)とカメルーンのディビナ・マールム(14)が受賞

AsiaNet 80871


アムステルダム、2019年10月4日/PRニュースワイヤー/ -- 国際子ども平和賞は子どもの権利を守る国際的な組織KidsRightsの取り組みです。毎年若い受賞者からのメッセージが世界の大勢の人々に届けられています。

56か国からの素晴らしい137人の候補者の中から、KidsRightの専門委員会はカメルーンのディビナとスウェーデンのグレタを受賞者に選出しました。国際子ども平和賞は世界子供の日である11月20日にハーグで授与される予定です。この特別な授賞式では、昨年には12億の人々に伝えられた、今や世界的な現象となっている国際子ども平和賞の15周年も祝われます。

ツツ大主教からの個人的な祝福
10年以上にわたり国際子ども平和賞とKidsRightsの後援者であるツツ大主教は受賞者への個人的なメッセージの中で次のように述べています。「私はあなた達に畏敬の念を抱いています。あなた達の力強いメッセージは、その若いエネルギーと子供は自身の未来を良くすることが出来る、いいえ、良くしなければならないというゆるぎない信念によっていっそう力強いものとなっています。あなた達は子供が世界を動かせることを最も強烈に示した真のチェンジメーカーです」

受賞者の紹介
KidsRightsの創設者であり専門委員会委員長であるマーク・ダラート氏は次のように語っています。「グレタとディビナが多くの子供たちの将来に影響を与えることは間違いなく、2019年度国際子供平和賞の受賞者としてふさわしい子供達です」

ディビナ・マールム(14歳、カメルーン出身、テーマ:平和)。2014年以降、カメルーンはテロ攻撃を受けてきました。ディビナが国の北部を訪れた際、子供たちがこのテロ攻撃の最大の犠牲者であるのを目の当たりにして恐怖を感じました。彼女は多くの子供たちが自分達の権利をわかっていないことに気付き、武装グループへの入隊について警告し、平和構築と持続可能な発展への子供たちの参加を促す目的で、Children for Peace (C4P)を立ち上げました。現在C4Pはカメルーンの10の地域にわたって100人の子供たちのネットワークを築いています。彼女は、子供たちにチェンジメーカーになり、自分達のコミュニティで平和の取り組みに参加できるようにしています。彼女はコミュニティ内に子供の平和キャンプを組織し、モスクに平和クラブを立ち上げ、他の子どもたちとともに暴力的過激主義に反対する子供たちの宣言を行っています。ディビナは将来に向けて大きなプランを持っており、今後も子供たちが平和に暮らす権利を主張し続けるでしょう。

グレタ・トゥーンべリ(16歳、スウェーデン出身、テーマ:環境)は環境活動家であり、国際的な学生気候活動家の手本となっています。8歳の時に初めて気候変動について学んだ際に、大人たちがその問題を真剣に受け止めているようには思えなかったことにショックを受けました。彼女は何故大人たちが気候危機に対して行動していないのか理解できませんでした。グレタは落ち込み、数カ月間食事をとらず、学校へも行かず、話そうとはしませんでした。グレタが自分自身の生活で手段を取ることが重要であり、飛行機に乗ることをやめ、肉や乳製品を食べず、新しいものを買わないよう店に立ち寄るのをやめました。2018年8月20日にグレタは自身の取り組みを次のレベルに進めはっきりと意見を述べる時が来たと判断しました。より多くの人々に問題を認識して行動をとってもらいたいと考えました。2018年度国際子ども平和賞受賞者が参加した「命のための行進(March for Our Lives)」に触発され、「気候のための学校ストライキ(skolstrejk for klimatet)」と書いた手作りのプラカードを持ってスウェーデン国会前に座り込みました。

国際子ども平和賞に関する詳細情報は (リンク ») でご覧になれます。

写真 - (リンク »)
写真 - (リンク »)

ロゴ - (リンク »)


(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]