編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

学校法人近畿大学、学校法人藍野大学と公益財団法人神戸医療産業都市推進機構の共同研究 -- 「神経細胞培養材および神経損傷治療剤」に関する国際特許の公開について --

藍野大学・藍野大学短期大学部

From: Digital PR Platform

2019-10-11 14:05




藍野大学が設置する藍野大学中央研究施設の井出千束教授(施設長)と中野法彦准教授、兼清健志講師が、学校法人近畿大学、公益財団法人神戸医療産業都市推進機構 医療イノベーション推進センター(TRI)との共同研究により、「神経細胞培養材および神経損傷治療剤」を発明しました。
これを受けて、学校法人近畿大学、学校法人藍野大学と公益財団法人神戸医療産業都市推進機構はPCT国際特許出願を行い、このたび特許公開に至りました。




【特許出願の概要】
 井出教授らは、近畿大学 森本康一教授、國井沙織研究員が開発した細胞低接着性コラーゲン(LASCol, Low Adhesive Scaffold Collagen)の臨床応用に向けた共同研究を森本教授らやTRI 福島雅典センター長らと進めてきました。
 その結果、LASCol上で神経細胞を培養すると神経突起の伸長が亢進され、脊髄損傷モデルラットにLASCol を埋入すると神経再生と運動機能回復が促進されることを見出しました。
 これらの知見に基づき、LASColが脊髄損傷をはじめとする神経疾患の治療効果を高める生体材料として新規性があるものとして、PCT国際特許出願に至りました。



 なお、本研究は、AMED 橋渡し研究戦略的推進プログラムシーズA(国立大学法人大阪大学拠点)の研究支援で行われました。

▼本件に関する問い合わせ先
学校法人 藍野大学 法人事務局 総務部
大江 由華
住所:大阪府茨木市高田町1番22号
TEL:072-621-3764
FAX:072-621-3756
メール:press@aino.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]