編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

UNIX対応Dr.Web 11.1製品に含まれるコンポーネントをアップデート

株式会社Doctor Web Pacific

2019-10-11 09:00

octor Webは、UNIX対応Dr.Web 11.1製品に含まれるdrweb-maild (11.1.4-1910041231)、 drweb-antispam (11.1.4-1909241809)、 drweb-ctl (11.1.3-1909181025)、 drweb-update (11.1.2-1907241204)、 drweb-smbspider (11.1.2-1909131526, 11.1.2-1909131619)、drweb-statd (11.1.2-1909261115)、 drweb-icapd (11.1.2-1908052330)、 drweb-common (11.1.2-1908131611)、 drweb-esagent (11.1.3-1909121441)、 drweb-configd (11.1.4-1909121647)および drweb-gated (11.1.1-1909042330) をアップデートしました。今回のアップデートでは、新たな機能が加えられたほか、発見されたエラーが修正され、内部変更が施されました。
###

r.Web Anti-virus 11.1 for UNIX Mail Servers、Dr.Web Anti-virus 11.1 for UNIX File Servers、Dr.Web Anti-virus 11.1 for UNIX Internet Gateways およびDr.Web Anti-virus 11.1 for Linuxに含まれる下記のコンポーネントでは、次の変更が加えられました。

drweb-maildおよび drweb-antispam:

Milterプロトコルでは、不明なタイプのソケットを介して接続される際に発生するエラーが修正されました。
メール処理時におけるメモリの最適化が実施されました。

drweb-smbspider (linux amd64 – drweb-smbspider):

FreeBSD上の正常な動作を維持するために、モジュールSamba 4.10が再コンパイルされました。

drweb-icapd:

Lua言語を用いてルールを指定するオプションが実装されました。

Dr.Web Anti-virus 11.1 for Linux と Dr.Web Anti-virus 11.1 for UNIX Mail Serversに含まれる drweb-ctl および drweb-updateでは、次の変更が加えられました。

アップデートをオフラインで実施するオプションが可能となりました。
Dr.Web Anti-virus 11.1 for UNIX File Serversに含まれるdrweb-statdでは、次の変更が加えられました。

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]