編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Dr.Web CureIt!に含まれるモジュールをアップデート

株式会社Doctor Web Pacific

2019-11-12 09:00

Doctor Webは、Dr.Web CureIt!に含まれるモジュールをアップデートしました。今回のアップデートでは、コンポーネントの更新につきまして、修復ユーティリティDr.Web CureIt! に含まれるモジュールがアップデートされたほかに、脅威検出能力の向上が図られました。
###

Dr.Web CureIt!に含まれるモジュールDr.Web Anti-rootkit API (12.5.2.201910080)、 Dr.Web Scanning Engine (12.5.1.201910020) およびDr.Web Protection for Windows (12.05.01.09250)がアップデートされました。

また、レジストリに対してルートキットのスキャンを実施する際、REG:SUSPICIOUS.UserinitCorrupted の誤検知が発生する問題が解決され、Windowsタスクスケジューラー上で検出される脅威を駆除する際に発生する問題が解決されました。

Dr.Web CureIt! の有償版、無償版の両方がアップデートされました。

Dr.Web CureIt!をダウンロード

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]