編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

【無料セミナー】eLC 第1回「九州eラーニング・トレンド・セミナー」(11月28日)

日本イーラーニングコンソシアム(eLC)のニュースリリース

特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム

2019-11-08 10:00

日本イーラーニングコンソシアム(eLC)はこの度、九州地区におけるeラーニング普及活動の一環として、
「九州eラーニング・トレンド・セミナー」をスタートいたします。
今後このセミナーを通じて、eラーニング最新トレンドの紹介や、eラーニング導入ノウハウに関する情報をお届けいたします。

第1回目は、下記の内容で開催いたします。
どなたでも無料でご参加いただけますので、お気軽に申込み下さい。

■日時:2019年11月28日(木)14:00-17:30 (受付開始13:40-)
■会場:リファレンスはかた近代ビル貸会議室 103会議室
(福岡市博多区博多駅東1丁目1-33 はかた近代ビル 1F)
     (リンク »)

■参加費:無料
■定員:30名 ※先着順

■主催:特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム
■共催:マイクロラーニングコンソシアム

■プログラム

1)ごあいさつ(20分間)
 日本イーラーニングコンソシアム 会長 加藤 憲治

2)基調セミナー:
「e-Learningの効果・効率・魅力を高めるインストラクショナルデザイン
~e-Learningの専門家をe-Learningだけで育成してきた日本初の大学院での経験を踏まえて~」(60分間)

スピーカー:熊本大学 教授システム学研究センター 教授 都竹 茂樹 氏

概要: 近年、働き方改革が叫ばれ、時間や場所をえらばず、コスト削減まで期待できる
e-Learningを活用した研修への関心がますます高まっています。
しかし、“e-Learning = オンラインで動画やパワーポイントのスライドが見られ、
クイズ(テスト)を受けられるもの” という「誤解」が多いのも事実です。
残念ながらこのような研修では、あまり成果は期待できません。
本セミナーでは、e-Learningを活用した学びの「効果・効率・魅力」を高めるために
欠かせないインストラクショナルデザインというアプローチについて、
2006年以来e-Learningの専門家をe-Learningだけで育成してきた日本初の
大学院・熊本大学大学院教授システム学専攻での事例
(社会人の修了生130名、科目等履修生延べ1000人以上)も交えながら紹介します。
(リンク »)


3)eラーニング活用事例紹介セミナー1(50分間)
「e-Learning導入前のBreakthroughと導入後の支援の可視化・効果について ~教育施設における運用とその効果~」

スピーカー:
学校法人麻生塾 専門学校麻生リハビリテーション大学校  理学療法学科
理学療法士(RPT)・医学博士(Ph.D) 木村 孝 氏

概要:e-Learningについては、反転学習や能力開発の学習方法の一つとして確立しており
教育・企業においても導入が進んでいます。
近年では、e-Learning学習・研修も一般化しており、継続的・一体的な教育・能力開発
についても取り組みが行われています。
本講演では、e-Learning導入までのプロセス、留意すべき点について事例を提示し、
導入前後の運営と導入による支援の可視化と効果について紹介いたします。

4)eラーニング活用事例紹介セミナー2(50分間)
「eラーニングで福岡から全国へ 教育ビジネスを手掛ける2社の事例をご紹介」

スピーカー:
プレーンファイナンス株式会社 代表取締役 園田 裕樹 氏
株式会社電調社 専務取締役 武末 武士 氏
株式会社プロシーズ manabi+事業部 事業部長 吉岡 敦也 氏

概要:
「どこでも学べる」というeラーニングのメリットを活かし、全国にシェアを拡大している福岡の2つの企業様より、
eラーニングの導入や活用、ノウハウについてお話しいただきます。
プレーンファイナンス様:「プロが通う金融の学校」ファイナンシャル学院のオンライン化を
どのように実現させたのか?ベンダー選定から内製化のリアルな苦労話などご紹介いただきます。
電調社様:全国シェアを狙い「国家資格」を国家試験免除で取得できるeラーニングを提供されておられます。
導入のポイントを解説していただきます。

5)『eLPベーシック』eラーニングコース「第43期」開講のご案内 他(10分間)

6)閉会のごあいさつ
株式会社富士通ラーニングメディア 代表取締役/
日本イーラーニングコンソシアム 地域拡大委員会 担当理事 青山 昌裕



※詳細と参加のお申込みはこちらをご覧ください。
(リンク »)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
■特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム
所 在 地:東京都中央区日本橋小伝馬町16-5 新日本橋長岡ビル2F
U R L: (リンク »)


事業内容:産・官・学の力を結集し、継続的にユーザーおよびeラーニング事業者の方々に積極的な支援活動を推進するために、発足した特定非営利活動法人です。eラーニングに関わる多くの方々が、企業、学校、官庁等の組織の枠を越えてこの活動に参画し、協力し合う関係を築くことが重要であると考えています。

eLCの活動の中心は以下の3点です。
(1)eラーニング関連情報の取得・調査・研究および提供
(2)eラーニングのユーザーと事業者の方々への啓蒙活動、教育プログラムの開発と教育実践
(3)eラーニング・システムおよびコンテンツに関する標準化技術の研究と標準化推進
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]