編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「クラウド時代ではコンプライアンスを意識した安全安価な長期バックアップを実現するべき」

ディーアイエスソリューション株式会社

2019-11-18 08:00

人気コラムニスト吉政忠志氏のコラム「クラウド時代ではコンプライアンスを意識した安全安価な長期バックアップを実現するべき」がディーアイエスソリューションで公開されました。興味がある方はご覧ください。
###
今日はバックアップの話です。今はクラウド全盛であり、クラウドを活用していない企業ほとんどないような状況になっています。今までオンプレミスのサーバーを管理されていたお客様は自分で管理している自覚があるので、割と自身でバックアップを取っていたような気がするのですが、クラウドに移行すると、なぜか安心感が出てしまい、クラウド事業者に任せているから大丈夫と思い込んでいるケースもある。しかしながら、お客様がクラウドサービスプロバイダーとバックアップのサービスの契約をしていない場合は、バックアップは原則されない。

クラウドはかなり安全なIT環境ではあるが、システムである以上、クラウドでもオンプレミスでも100%の安全はない。現に、私のお客様はクラウド上に置いておいたシステムが、クラウドのシステム障害によりストレージごと消失してしまったことがある。さらにそのバックアップデータも同一のストレージに保管されていたため、バックアップデータごと消失したのだ。

クラウド上のシステムのバックアップはストレージtoストレージのバックアップが安価で便利なのだが、バックアップ先のストレージは最低でも別リージョンのクラウドか、別のクラウドサービスが良いと思う。データが消失すると業務システムの場合、かなりのダメージとなるので気を付けたいところだ。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]