編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

高速化ツールは用途を考えて採用するべき

ディーアイエスソリューション株式会社

2019-11-29 12:00

吉政忠志氏のWebビジネス千里眼コラム第29回「高速化ツールは用途を考えて採用するべき」がディーアイエスソリューションで公開されました。興味がある方はご覧ください。
--
Webサイトの所有者は単純に高速化したいという要望があります。思いとしては単純で、サイトの表示速度が速くないと、離脱率が上がったり、そもそも見にくいのWebサイト閲覧者の満足度が下がるからです。そして、Googleの検索順位を決めるうえで、表示速度は重要な要素なので、表示速度が遅いと検索順位が上がりにくかったり、順位が下がっていきます。

しかし、この表示速度を決める原因は多岐にわたります。高速化するツールがいくつかありますが、その原因とツールがマッチしないと高速化しません。表示速度を決める原因を大きく分けると以下になります。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]