編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

Dr.Web 12.0 for Windowsに含まれるコンポーネントをアップデート

株式会社Doctor Web Pacific

2020-01-10 09:00

Doctor Webは、Dr.Web Security Space 12.0、Dr.Web Anti-virus 12.0 およびDr.Web Anti-virus 12.0 Windows File Servers に含まれるSpIDer Agent for Windows (12.0.8.10110)、Dr.Web Control Service (12.5.2.11050)、Dr.Web Updater (12.0.16.10070)、Dr.Web Protection for Windows (12.05.02.10250)、Dr.Web Security Space、 Anti-virus for Windows、
###

Anti-virus for Windows servers setup (12.5.2.11012)、amsi-client (12.5.0.201911210) およびコンフィギュレーションスクリプトLua-script main (12.5.2.10140)と Lua-script for spider-agent (12.5.0.10140) をアップデートしました。また、Dr.Web Security Space 12.0 およびDr.Web Anti-virus 12. 0に含まれるDr.Web Firewall for Windows (12.05.01.11150) 、とDr.Web Security Space 12.0 およびDr.Web Anti-virus 12.0 for Windows File Serversに含まれるDr.Web Device Guard for Windows (12.05.00.10250) がアップデートされました。 今回のアップデートでは、内部変更が加えられたほか、改良が施され、発見されたエラーが修正されました。
SpIDer Agent for Windowsでは次の変更が加えられました。
ファイアウオールのルールリストのロードが最適化されました。ロード中を示すアイコンが追加されました。
Dr.Web Control Serviceでは次の変更が加えられました。
WindowsのTempフォルダがない場合にsysinfoレポートを収集する際に発生する問題が解決されました。
Dr.Web Updaterでは次の変更が加えられました。
更新サーバーとの通信に改善が施されました。

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]