編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

Camera Vision + mmWave RADAR・センサーフュージョンキットの販売開始

ポジティブワン株式会社

2019-12-09 16:00

2019年12月9日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区、支店:兵庫県神戸市)は、「Camera Vision + mmWave RADAR・センサーフュージョンキット」の販売開始いたします。

統合された使いやすいカメラおよびmmWave RADARセンサープラットフォーム(Camera Vision + mmWave RADAR on Module)であり、自動車ADASおよびマシンビジョンアプリケーションに高い機能を提供します。テキサスインスツルメンツ社ビジョン分析向けSoCと超高解像度シングルチップ77GHz mmWave RADARセンサー(TDA3 SoCおよびAWR1443)に基づいて、統合されたカメラとmmWave RADARセンサープラットフォームはRADAR Fusion Processingを提供し、自動車安全アプリケーションに必要な精度と冗長性を提供します。

センサーフュージョンキット(Camera Vision + mmWave RADAR on Module)は、優れたイメージング機能とともに極度のレンジ精度を提供するように独自に設計されています。このプラットフォームは、Vision AnalyticsとRADARデータ融合をリアルタイムで使用して、高度なADASエクスペリエンスを提供します。

センサーフュージョンキット(TDA3 SoCおよびAWR1443)は、プロセッサボード、カメラ、およびmmWave RADARセンサーで構成されています。プロセッサボードは、オブジェクトの検出、分類、識別を実行し、レーダーレンジデータでビデオストリームに注釈を付けます。カメラとmmWave RADARセンサーボードは、最終製品環境と統合するために必要な自動車および電源インターフェイスも提供します。mmWave RADARモジュールは、PLLを内蔵したFMCWトランシーバー、ベースバンドADC、アクセラレータを備えたR4Fコントローラー、SPIフラッシュ、DSPなどで構成されています。カメラセンサーボードには、最大60 fpsをサポートするCSIベースの1.3M CMOS HDイメージセンサーが付属しています。カメラとmmWave RADARセンサーは、オブジェクトの識別、範囲、速度、仰角のパラメーターを相互に補完します。

センサーフュージョンキットには、一般的な自動車レーダー/カメラの使用のためのスターターウェアとサンプルアプリケーションが含まれています。また、テストおよび開発用のデバッグインターフェイスも提供します。
プラットフォームは、同期されたポイントクラウドとビデオデータを提供します。オブジェクトのID、範囲、角度、速度、信号強度で構成される点群データは、シリアル/ CANインターフェイスを介して配信されます。ビデオデータには、識別/分類されたオブジェクトと、HDMI /イーサネットインターフェイスを介したレーダー範囲で注釈付けされたカメラストリームが含まれます。

センサーフュージョンキットには、さまざまなADASアプリケーションに対応する3種類のアンテナ、超短距離(ODS)、短距離(3要素)、および中範囲(テーパー要素)が用意されています

センサーフュージョンキットは、物体検出、車線追跡、車線検出および出発警告、歩行者検出、交通標識認識、運転記録、自動緊急ブレーキ、適応クルーズコントロール、前方衝突警告、駐車支援などのアプリケーションに最適です。

◆カメラとミリ波レーダーセンサー仕様
・ デュアルCortex-M4プロセッサ、固定小数点および浮動小数点TMS320C66xデジタルシグナルプロセッサ(DSP)生成コアおよびVision AccelerationPac(EVE)を搭載したTDA3 SoC
・ AWR 1443 FMCWトランシーバー:76~81 GHz、4つの受信と3つの送信チャネル、組み込みのキャリブレーションとセルフテスト、オブジェクト追跡と分類のためのARM(R)Cortex(R)R4Fベースの無線制御システム
・ CSI2カメラインターフェイス
・ メモリ:ブート- 128Mb SPIフラッシュ、2GB DDR3 RAMサポート、32GB SDカードサポート
・ 周辺機器:GigEおよび外部接続用のデュアルCAN。2つのSPIチャネル、2つのUART、I2C、GPIOインターフェイスサポート。未加工ADCデータおよびデバッグ用のJTAGおよび2レーンLVDS(RFボード用)インターフェース(DCA1000)、HDMI
・ スターターウェア:オブジェクトの識別と分類、レーダー範囲データを使用したビデオストリームの注釈
・ 電源:7~18Vの自動車用電源入力
・ 動作温度:-40~85
・ 寸法:76 x 115 mm

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
東京本社 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
関西本社 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL (リンク »)

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、IoT端末、エッジコンピュータ、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]