編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

クラウド時代のサーバー運用入門 > 第26回 エンジニアと学び (最終回) 運用エンジニアとして学び続けるということ

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

2020-01-08 09:00

CTC教育サービスはコラム「クラウド時代のサーバー運用入門 > 第26回 エンジニアと学び (最終回) 運用エンジニアとして学び続けるということ」を公開しました。
###

みなさんこんにちは。クラウド時代のサーバー運用入門として25回にわたって様々なテーマを取り上げてきましたが、今回は運用エンジニアとして学び続けるということについて、総括してみたいと思います。

そもそも運用エンジニアは何を学ぶべきなのか

まず結論から申し上げますと、UNIXコマンドとTCP/IPについて、それらが文中に含まれる書籍を正しく苦労なく読めるレベルまで学ぶのが最良です。

私はかつて、20年ほど前にADSL開通業務からエンジニアデビューしましたが、今ではADSLを最初から回線の選択肢に入れるケースは少なく、広帯域を求める光回線か、設置撤去の容易なモバイルWi-Fiを選択するほうがメジャーです。

幸い、私の場合は早い段階で5年10年とADSLエンジニアとしてやっていけるか?と自問自答できたのでサーバーエンジニアに転じましたが、その当時は仮想化技術もそれほど浸透しておらず、月間PV数が個人ブログ程度の企業サイトでさえ、データセンターに1台の専用サーバーを借りて運用していたのです。初期費用が10万円近くして、月額費用も1万円程度です。今でしたら間違いなく最安のVPSで事足りますが、当時はこのような選択肢はありませんでした。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]