編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

「サブスクリプションシフト DX時代の最強のビジネス戦略」 ~チームスピリット代表 荻島浩司著 新刊発売のお知らせ ~

株式会社チームスピリット

From: Digital PR Platform

2020-01-09 11:00


(リンク »)


働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」を開発・提供する株式会社チームスピリット(代表取締役社長:荻島 浩司、 以下 チームスピリット)は、創業者の荻島浩司が初の著書となる「サブスクリプションシフト DX時代の最強のビジネス戦略」を1月14日(火)に翔泳社より発売することとなりましたのでお知らせいたします。

本書は、SaaS/サブスクリプションのビジネスモデルを解説するとともに、デジタルトランスフォーメーション(DX)の時代に必要な新しい働き方、生産性や創造性についての考え方、並びにSaaS/サブスクリプションで成長してきたチームスピリットの軌跡について紹介します。

本書は以下の4部から構成されています。

第1部:デジタルトランスフォーメーション(DX)への構想
 第1章:DXとサービス化

第2部:SaaS/サブスクリプションの価値
 第2章:SaaS/サブスクリプションとは何か
 第3章:SaaS/サブスクリプションの事業開発

第3部:DX時代の働き方・生産性・創造性
 第4章:なぜ「働き方改革」のためにDXが必要なのか
 第5章:DX時代の生産性の方程式
 第6章:創造性とビジネスモデル

第4部:チームスピリットの軌跡
 第7章:すべては起業後の出会いから学んだ -チームスピリットのストーリー

全国主要書店での発売に先立ち、AmazonでもKindle版の予約を開始しました。
(リンク »)

また著者・荻島浩司のインタビューアレンジも積極的に調整させていただきますので
ご希望の方は、お気軽に下記までお問合せください。


【TeamSpiritとは】
「TeamSpirit」は勤怠管理、就業管理、工数管理、経費精算、電子稟議、社内SNS、カレンダーなど、社員が毎日使う社内業務を一元化したクラウドサービスです。複数の機能が連携して動くことで出社から退社までの働く人に関する活動情報が自然に集まる仕組みとなっており、収集したデータの分析により働き方の可視化をすることで、社員が取り組むべき重要な活動を洗い出し、生産性の向上につながる効果的なタイムマネジメントが可能になります。
モバイルにも対応し場所を問わずどこでもシステムを利用することができるので、近年増加しているテレワークなど多様な働き方にも最適なサービスです。


【株式会社チームスピリットについて】
株式会社チームスピリットは、働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」を提供するB2B SaaS企業です。「すべての人を、創造する人に。」というミッションのもと、一人ひとりのプロフェッショナルな力を引き出し、強いチームを作ることで、あらゆる人が変化を巻き起こす世界を目指します。

・チームスピリット、TeamSpiritは株式会社チームスピリットの登録商標です
・その他各種サービス名は、各社のサービス名称、商標または登録商標です

(リンク »)
(リンク »)
コーポレートホームページ: (リンク »)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先、荻島浩司インタビュー申込窓口】
株式会社チームスピリット 広報担当代理:小島・三橋・高木
TEL:03-5574-7890 e-mail: teamspiritpr@asahi-ag.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]