編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

イタリア生まれの熟睡寝具「マニフレックス」 ラグビー長谷川慎コーチ、マニフレックス・アドバイザー就任 試合さながらのトライをマットレス上で披露

株式会社フラグスポート

From: Digital PR Platform

2020-01-09 15:00


(リンク »)

このたび「マニフレックス」(株式会社フラグスポート 代表取締役社長:山根崇裕、東京都 港区)は、ラグビー長谷川慎(はせがわしん)コーチと、2020年1月1日付けでアドバイザー契約を結ばせていただいたことをご報告させていただきます。

長谷川慎コーチの「マニフレックス」愛用歴は既に5年以上、想像を絶する大きなプレッシャー、ハードな日程と長距離移動を強いられるコーチ業において、睡眠こそが心身をリフレッシュさせるための最良の方法であり、「マニフレックス」のもたらす『熟睡』は必要不可欠になっています。静岡・磐田市のお住まいはもちろん、東京のご自宅では奥様と二人のお子さんも「マニフレックス」の寝心地を非常に気に入ってくださり、長谷川慎コーチとご家族にとって、「マニフレックス」は生活に密着した、なくてはならない重要な存在となっているそうです。
(リンク ») (リンク »)


今後、長谷川慎コーチには「マニフレックス」のパンフレット、カタログ、ポスター、WEBなどに様々な形でご登場いただき、指導者として、元トップアスリートとして、そして父親として、ご自身の経験を通じて睡眠の大切さを多くの方々に伝え・広めていっていただく予定です。これからの「マニフレックス」と長谷川慎コーチの活動にどうぞご期待ください。


■ラグビー長谷川慎コーチプロフィール (リンク »)


・名前:長谷川 慎(はせがわ しん)
・生年月日:1972年3月31日(47歳)
・出身地:京都府京都市
・所属:日本代表(スクラムコーチ)
ヤマハ発動機ジュビロ(アシスタントコーチ)

現役時代、日本代表のプロップ、フッカーとして40キャップを重ね、1999年と2003年のワールドカップでも活躍されました。2007年の現役引退後、指導者となってからは、2011年から2016年度までヤマハ発動機ジュビロのフォワードコーチを務めて強力パックを育成、2014年度の日本選手権優勝などに貢献されました。そのスクラム強化における理論と手腕が高く評価され、2016年秋に日本代表へ入閣。スクラム強国・フランスで学んだコーチング哲学を基に、8人が一体となって押し込むスタイルを1cm単位のディテールまで徹底的に教え込み、日本代表の大きな武器として育て上げました。2019年のワールドカップ日本大会では、そのスクラムが並みいる強豪国を圧倒、いつからか選手達から “スクラム番長” と呼ばれるようになった長谷川コーチは、史上初のベスト8進出の大偉業達成の功労者として高く評価されています。日本代表のスクラムコーチとしての活動は続けながら、今年からは3年ぶりにヤマハ発動機ジュビロのアシスタントコーチに就任、その活躍にますます注目が集まっています。


■マニフレックスの日本ラグビーへのとりくみ
・ジャパンラグビー TMOサポーター
マニフレックスは、公益財団法人 日本ラグビーフットボール協会(以下 日本ラグビー協会)のトップリーグ全試合・日本選手権全試合において、ビデオ映像によるレフェリーの判定サポートシステム「TMO(テレビジョンマッチオフィシャル)」を、2014年の導入初年度より単独で支援しており、今週末に開幕し、全国各地で熱戦が繰り広げられる トップリーグ2020においても、これを実施させていただきます。
トップリーグに「TMO」が導入されて今シーズンで7年目、これにより判定の厳正化および公明化が進み、選手もレフェリーも、より高いモチベーションで、よりクリーンな試合を行うことが出来るようになりました。 これにより、リーグ全体の技術レベルや競技スピードが大幅に向上し、日本代表チームの飛躍的なレベルアップへと繋がっています。
トップリーグの試合に於いて、「TMO」の合図となるレフェリーが指でテレビモニターの四角を作る動作と、その後に判定動画が映し出される一連の光景は、ラグビー観戦の楽しみのひとつとして、今ではすっかり定着しています。新シーズンからは、この判定動画が映し出されるまでの間に、長谷川慎コーチがボールを持ってマットレスにトライする姿が「TMO」の文字と共に登場します。是非ご期待ください。

・ジャパンラグビー レフリーアカデミー パートナー
ワールドカップの自国開催が成功し、代表チームの強化が進む中、次の大きな課題として国際大会で笛を吹けるレフリーの育成が急務であり、必要不可欠となっています。日本ラグビー協会は2015年に「レフリーアカデミー」を発足させ、10代後半から20代前半の将来有望な人材を発掘し、レフェリングの技術や知識の習得と、英語力向上の為のカリキュラムを設け、海外の大会へも積極的に派遣して経験を積ませるなど、世界に通用するレフリーの養成を進めています。
マニフレックスは、この「レフリーアカデミー」のプロジェクトにも協賛しています。


■「マニフレックス」とは (リンク »)


今年で創業57年目を迎えるイタリア生まれのスプリングレス・マットレスのトップブランド。創業者の故ジュリアーノ・マニ氏が現役選手時代に相次ぐケガや故障に悩まされていた経験をもとに、スプリングをまったく使用しないマットレスを開発したことが始まりだった。以来、国立フィレンツェ大学とエルゴノミクス(人間工学)に関する共同研究をすすめ、敷き寝具全般、枕や関連商品など睡眠と健康に係るアイテムをトータルにプロデュースし、多くのトップアスリートにも愛用されている。



■会社概要

会社名:株式会社フラグスポート ※マニフレックス アジア/日本 輸入総代理店
設立:1989年3月
住所:東京都港区北青山3-5-5
電話番号(代表):03-5410-4137
担当:矢崎、山口


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]