編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

プレミアムコンフォートタイヤDUNLOP「VEURO VE304」新発売

住友ゴム工業株式会社

From: 共同通信PRワイヤー

2020-01-09 16:00

2020年1月9日

住友ゴム工業(株)

最上級の静粛性と快適性、最高レベルのウエット性能が長続きする
プレミアムコンフォートタイヤDUNLOP「VEURO VE304 (ビューロ ブイイーサンマルヨン)」新発売

 住友ゴム工業(株)(社長:山本悟)は、高い静粛性能と操縦安定性で最上級*1に快適な車内空間を実現し、さらに最高レベルのウエット性能が長続きする*1、タイヤ開発および周辺サービス展開のコンセプトであるSMART TYRE CONCEPTの性能持続技術を搭載したプレミアムコンフォートタイヤDUNLOP「VEURO VE304」を2020年3月1日から順次発売します。発売サイズは64サイズで、価格はオープン価格です。


【画像: (リンク ») 】
【画像: (リンク ») 】

【画像: (リンク ») 】

【画像: (リンク ») 】


 「VEURO VE304」は高い静粛性を実現するため、ノイズの発生源となる溝とピッチ配列を最適化しました。さらに主溝を3D波型グルーブとすることで溝を流れる気流をコントロールし、パターンノイズを24%*2、ロードノイズを29%低減*2させました。
 また、パターン剛性を適正化し、ハンドリングによるタイヤ変形を精密にコントロールすることで、操縦安定性を10%向上*2させることを可能にしました。これによって安定感のある上質な走りを実現しました。
 さらに、展開する64サイズ中63サイズで最高グレードのウエットグリップ性能「a」を達成し、安心感がより長く続く性能持続技術も搭載しました。ゴムの劣化を抑制する新素材の水素添加ポリマーや、摩耗後に溝幅が広がる3D波型グルーブの採用により、ウエットブレーキ性能低下率を14%向上*2させました。

■商品特長
○最上級*1の静粛性
新たに採用した「3D波型グルーブ」と「ハイブリッドバンド」で、パターンノイズとロードノイズを低減し、サイレントコアが道路のつなぎ目などで発生する空洞共鳴音を吸収することで静粛性が向上しました。


【画像: (リンク ») 】

○高次元の操縦安定性能
パターン剛性を適正化し、ハンドリングによるタイヤ変形を精密にコントロールすることで操縦安定性能を10%向上*2させました。


【画像: (リンク ») 】

○長続きする最高レベルのウエット性能*1
展開する64サイズ中63サイズで最高グレードのウエットラベリング「a」を達成し、さらに安心感が長く続く性能持続技術搭載し、ウエットブレーキ性能低下率を14%向上*2させました。


【画像: (リンク ») 】

*1 当社商品中  *2 従来品「VEURO VE303」との比較

■発売サイズ
【画像: (リンク ») 】

<商品・イベントに関するお問い合わせ先>
 タイヤお客様相談室  TEL:0120-39-2788



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]